• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

着膨れしない! ダウンアウターできれいめコーデ

2018年11月17日

「細感」を引き出すテクが決め手

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 温かいダウンアウターは、冬の必需品。でも「何となくおしゃれに見えない」「ボリューム感で太ってみえる……」と心配な人が多いのでは? そのお悩み、実は着こなし次第で解決できるんです。ファッション・ジャーナリストの宮田理江さんが解説します。

QUARTZ 2018-19年秋冬コレクション

 以前は「もこもこ」「着膨れ」のイメージが強かったダウンアウターだが、近ごろは軽くておしゃれなものが増えてきた。上手に生かせば、かえって着痩せした姿に見せられる。極寒のカナダから日本上陸を果たしたダウンブランド「QUARTZ(クォーツ)」の新作を参考に、着こなしのポイントをおさらいしていこう。

細長アウターを軸に前開けレイヤード

QUARTZ 2018-19年秋冬コレクション
QUARTZ 2018-19年秋冬コレクション

 着丈がたっぷりした縦長のダウンコートは、冬にうれしい細感を印象づけやすい。全身をくるんでしまわないで、部分的に前を開けることで、トップスとのレイヤード感が強まって着膨れを避けられる。ダークカラーのコートは重たく映りやすいので、開けた首元から、はっきり色をのぞかせる小技も使いこなして。フェミニンを感じさせられる赤系は着姿を色めかせてくれる。

 細感を強調するには、縦長イメージの強いアイテムが役に立つ。例えば、顎まで届きそうなタートルネックは伸びやかな印象を強めてくれる。ほっそりコートと組み合わせると、さらにシャープな着映えに。ダークトーンのアウターに、グレーやベージュ系のタートルネックを添えるコーデなら、通勤ルックにも取り入れやすそうだ。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宮田理江
宮田理江(みやた・りえ)
ファッションジャーナリスト、ファッションディレクター。多彩なメディアでランウェイリポートからトレンド情報、スタイリング指南などを発信。バイヤー、プレスなど業界経験を生かした、「買う側・着る側の気持ち」に目配りした解説が好評。自らのテレビ通版ブランドもプロデュース。セミナーやイベント出演も多い。 著書に「おしゃれの近道」「もっとおしゃれの近道」(ともに、学研パブリッシング)がある。公式サイト・fasion bible
関連キーワードから記事を探す
ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ