• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

楽ちんなのにキレイ見え! セットアップ×ワントーン

2018年11月3日

お仕事ルックの力強い味方に

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 スーツほどカッチリしたくないけど、仕事をする上で失礼にならない格好……。「オフィスカジュアル」のさじ加減、難しいですよね。悩める女性の味方になってくれるのが「セットアップ×ワントーン」のコーディネート。ファッション・ジャーナリストの宮田理江さんが解説します。

 着こなしの新スタンダードとなりつつあるのが、近い色味で全体をまとめる「ワントーン」のコーディネートだ。基本のカラーをそろえながらも、微妙に素材が違っていたり、濃淡があったり。上下そろいの「セットアップ」の人気を追い風に、最近では「ニットアップ(ニットのセットアップ)」もトレンドアイテムに浮上。スーツほどは堅苦しくなく、ワンピースほどドレッシー過ぎないという使い勝手のよさが好まれている。忙しい朝に悩まずサッと着られる手軽さは「時短コーデ」としてオフィスルックにも取り入れやすい。

セットアップの定義

 セットアップの定義は緩い。スーツは基本的にジャケットとボトムスが共生地だが、セットアップの場合、「二つのアイテム以上が共通」であれば構わないともいえる。つまり、コートとスカート、シャツとパンツといったコンビネーションも含まれる。同じ生地でなくても、近い見え具合なら「セットアップ風」に着こなせる。さらに、ワントーンは必ずしも同じ色でない類似カラーでも成り立つ。

ニット×ワントーンの「ほぼセットアップ」

 チャコールグレーのオフショルダー・ニットトップスとベルボトムのニットパンツを組み合わせた。よく見ると、編み地が異なる。でも、風合いも色も近いから、「セットアップ風」として成立している。

 長めの丈のトップスでヒップをカバーし、レッグラインをきれいに描き出すシルエットのパンツをチョイス。ニットはカジュアルに見えるので、オフィスやパーティーには着て行きにくいと思われがちだったが、上下をそろえれば「きちんと感」が高まる。オフショルの肩を隠して、プルオーバーの形で着れば、お仕事ルックとしても使えそうだ。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宮田理江
宮田理江(みやた・りえ)
ファッションジャーナリスト、ファッションディレクター。多彩なメディアでランウェイリポートからトレンド情報、スタイリング指南などを発信。バイヤー、プレスなど業界経験を生かした、「買う側・着る側の気持ち」に目配りした解説が好評。自らのテレビ通版ブランドもプロデュース。セミナーやイベント出演も多い。 著書に「おしゃれの近道」「もっとおしゃれの近道」(ともに、学研パブリッシング)がある。公式サイト・fasion bible
関連キーワードから記事を探す
ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ