• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

宮田理江の「ファッション戦略論」

北欧ブランド「マリメッコ」を取り入れて、素敵に着こなそう

2015年10月24日

今年らしいのどかで穏やかなムードを盛り上げるノルディックスタイル

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
Marimekko 2015秋冬コレクション

 世界的に「北欧(ノルディック)」がファッションの注目エリアになってきた。とりわけ、独特のグラフィカルな柄はほっこりムードを連れてくる。北欧らしいグッドセンスを感じさせるデザインは、単調になりやすい秋冬ルックにのどかで穏やかなムードを添える。ニットの伝統に厚みがあり、秋冬の装いに迎え入れやすいのも、北欧のよさ。代表的なブランドの「Marimekko(マリメッコ)」の2015-16年秋冬コレクションを通して、ノルディック風味の迎え入れ方を見ていこう。

◆グラフィカル柄を着こなす 「ウエスト周り」
Marimekko 2015秋冬コレクション

 北欧デザインの持ち味と呼べるのが、グラフィカルな柄。シンプルで静かなのに、どこか朗らかでやさしい。だから、さらりと1枚で着ても、しっかり様になる。柄を生かすには、着こなしの小技を取り入れたい。たとえば「部分ウエストイン」もそのひとつ。近頃の流行技は正面だけをゆるっとインして、残りはウエストアウト。これだけでのどかな風情が濃くなる。袖口ボタンをはずせばリラクシングなムードが漂う。

Marimekko 2015秋冬コレクション

  ワンピースでまとうと、グラフィカル柄は品のよさを際立たせてくれる。ワントーンでシックにまとめてもいいが、ベルトをうまく使えば、動きを出しやすい。ウエストをベルトでマークすると、くびれシルエットを強調できる。淡いカラーのノーブル顔ベルトを選んでレディー感を強めるのが、この秋冬らしいあしらい方。膝上丈は程よく脚が見えて、全体のバランスが伸びやかに映る。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ファッションMarimekko

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ