• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

オン・オフ使えるキャメルスカートで秋の好感度コーデ

2018年9月15日

着こなしエキスパートに学ぶ上手なキャメルの活用術

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 秋らしいベージュ系やキャメル系のスカートは、オン・オフ兼用で使えてアレンジの幅が広いアイテム。シャツと合わせれば凛と、ニットと合わせれば穏やかに仕上がります。ファッション・ジャーナリストの宮田理江さんが上品な着こなしを紹介します。

 秋本番を間近に控えて、オータムカラーの魅力が増してきた。中でもベージュ系やキャメル系のスカートは上品に見えるから、オン・オフ兼用で使い勝手がいい。シャツと合わせて凛としてみせたり、ニットと合わせて穏やかなムードに仕上げたりと、アレンジの幅は広い。上手な迎え入れ方を、着こなしエキスパートたちの実例から確かめてみよう。

シャツ+キャメルスカートできちんとボヘミアン

 スエードのキャメル色スカートに、薄いブルーのシャツを合わせた。シャツ特有の「きちんと感」が加わって、すっきりした着映えにシフト。キャメルの柔らかい色調に、あえてクールな色を引き合わせ、ムードをねじり合わせている。オフィスでプレーンに着るなら、白シャツをチョイス。足元にヌードカラーのロングブーツを迎え、ボヘミアンな雰囲気を醸し出した。お仕事ルックではパンプスに履き替えて。近い色みのバッグにもボーホー気分が漂う。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宮田理江
宮田理江(みやた・りえ)
ファッションジャーナリスト、ファッションディレクター。多彩なメディアでランウェイリポートからトレンド情報、スタイリング指南などを発信。バイヤー、プレスなど業界経験を生かした、「買う側・着る側の気持ち」に目配りした解説が好評。自らのテレビ通版ブランドもプロデュース。セミナーやイベント出演も多い。 著書に「おしゃれの近道」「もっとおしゃれの近道」(ともに、学研パブリッシング)がある。公式サイト・fasion bible
関連キーワードから記事を探す
ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ