• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

秋ボーダーは「知恵」で着こなす

2016年9月17日

ボーダーの「夏物」「マリンルック」という思い込みを壊そう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

定番柄のボーダー。マリンルックとしてカジュアルに着ることは慣れっこでも、秋にシックに取り入れるのは少し難しい? ファッション・ジャーナリストの宮田理江さんが、秋にも役に立つボーダー柄の着こなし術を指南します。

Intimate Diary 2016-17秋冬コレクション

 ボーダー(横縞)柄は夏やマリンルックのイメージが強かったが、今では年間を通して人気のモチーフになった。この秋冬シーズンにも勢いが続く。ただ、夏とは着こなし方が違ってくるので、アレンジに気を配りたい。太さや色使い、素材感などでムードが変わる。「知恵あり」のボーダーコーディネートをマスターすれば、秋のおしゃれが楽しくなる。

ボーダーonボーダー

Intimate Diary 2016-17秋冬コレクション

 夏のボーダールックは涼やかさが第一のテーマになる。マリンルックはその代表格。一方、秋冬は優しさ感やぬくもりもキートーンに。幅や風合いの異なるボーダー柄を組み合わせる「ボーダーonボーダー」は装いに深みをもたらす。オフタートルのニットトップスは程よいほっこり感を帯びる。

 トップスに比べ、スカートは細かいボーダー柄をセレクト。ボトムスに細かい柄を持ってくることで、腰から下が引き締まって見えるテクニックは参考にしたい。スカート裾からのぞくレースがほのかなフェミニンを香らせた。

Intimate Diary 2016-17秋冬コレクション

 身頃の全体にボーダーを配したアイテム以外に、襟や袖だけが横縞のウエアも生かせる。ボーダー柄トップスの上からスタジアムジャケットを重ねると、襟や裾の横縞が動きを添える。

 トップスとブルゾンの異なる着丈のレイヤードも着こなしにリズムを生んでくれる。別布のレースが腰についていて、異なる質感が互いを引き立て合う。色味を近いトーンでそろえておけば、全体に統一感が出て、大人っぽいボーダーonボーダーが完成する。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宮田理江
宮田理江(みやた・りえ)
ファッションジャーナリスト、ファッションディレクター。多彩なメディアでランウェイリポートからトレンド情報、スタイリング指南などを発信。バイヤー、プレスなど業界経験を生かした、「買う側・着る側の気持ち」に目配りした解説が好評。自らのテレビ通版ブランドもプロデュース。セミナーやイベント出演も多い。 著書に「おしゃれの近道」「もっとおしゃれの近道」(ともに、学研パブリッシング)がある。公式サイト・fasion bible
関連キーワードから記事を探す
ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ