• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

手抜きに見えない「楽ちん服」ってどんな服?

2016年8月13日

ジョガーパンツやTシャツ……楽ちんでもおしゃれなオフの日コーデ例

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

オフの日のスタイルはラフにするほど難しいもの。そこで、だらしなくならない楽ちんスタイルについて、ファッション・ジャーナリストの宮田理江さんにレクチャーしていただきました。

 お盆休みの最中だから、お仕事服は忘れて、オフの日コーディネートを研究してみよう。休日は体を締めつけない「楽ちん服」を着たくなる。でも、だらけて見えるのは決まりが悪い。リラックスした着心地と、程々のおしゃれ感を両立させる着こなしこそ、「大人のオフ」にふさわしい。手抜き感やだらしなさを封じ込めるスタイリングはコツさえつかめば、そんなに難しくない。

「トラックパンツ」をゴージャスに着こなす

トラックパンツを選んだら、トップスはコンパクトに!

 ジャージやスウェットは「手抜き」に見えがちなウエアの代表例。ところが、上手にコーデすれば、生活感を遠ざけられる。

 第一に「上下をセットにしない」と考えよう。トラックパンツを選んだら、トップスはコンパクトに。ショート丈の裾からウエスト見せしてもいい。スポーティーに寄せすぎない「アスレジャー」を意識して、透けるカットソーやフェミニン顔ブラウスで合わせて。

 小物や靴は大人っぽさやリッチ感を添えるつもりでセレクト。ファー飾り付きバッグ、ゴールドのスニーカーがゴージャスなムードを呼び込んでいる。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宮田理江
宮田理江(みやた・りえ)
ファッションジャーナリスト、ファッションディレクター。多彩なメディアでランウェイリポートからトレンド情報、スタイリング指南などを発信。バイヤー、プレスなど業界経験を生かした、「買う側・着る側の気持ち」に目配りした解説が好評。自らのテレビ通版ブランドもプロデュース。セミナーやイベント出演も多い。 著書に「おしゃれの近道」「もっとおしゃれの近道」(ともに、学研パブリッシング)がある。公式サイト・fasion bible
関連キーワードから記事を探す
ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

人気記事ランキング

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ