• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

今年の夏休みはTシャツを「大人コーデ」で着こなす

2018年7月28日

Tシャツのタイプ別! 3つの着こなしを提案

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 夏休みは着心地の軽いTシャツを着て、リラックスして過ごしたいもの。カジュアルな着心地だからこそ、ルーズに見えたり、手抜きをしている印象を与えたりするのは避けたいですよね。ファッション・ジャーナリストの宮田理江さんが、大人のTシャツコーディネートを紹介します。

 バカンスの季節は着る物で気持ちもほどきたい。サマールックで最も軽い着心地のTシャツも、アレンジ次第で大人っぽくまとえる。ルーズに見せない格上コーディネート術を知れば、楽ちんおしゃれにデビューできる。白T、ボーダーT、文字Tの3タイプ別に、賢い着こなしパターンを押さえていこう。

白Tは上質感を乗せる

 清潔感を印象づけやすい点で、真っ白なTシャツは夏ルックの王道的なアイテムだ。ただ、そのまま着ると、素っ気なく見え過ぎるから、アレンジが肝心。細いゴールドネックレスを重ねれば、程よくリッチ感が加わる。上質さやレディー感を乗せる「プラスワン」のスタイリングを工夫したい。肘の上に巻いたブレスレットも艶めきを添えた。パンツ裾にはステッチが施されていて、適度な飾り気を帯びている。白Tを着るときは手抜き感を遠ざけるアレンジが欠かせない。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宮田理江
宮田理江(みやた・りえ)
ファッションジャーナリスト、ファッションディレクター。多彩なメディアでランウェイリポートからトレンド情報、スタイリング指南などを発信。バイヤー、プレスなど業界経験を生かした、「買う側・着る側の気持ち」に目配りした解説が好評。自らのテレビ通版ブランドもプロデュース。セミナーやイベント出演も多い。 著書に「おしゃれの近道」「もっとおしゃれの近道」(ともに、学研パブリッシング)がある。公式サイト・fasion bible
関連キーワードから記事を探す
ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 9月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 9月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 7月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ