夏休みシーズンを前に、水着を新調したくなるこの時期。最近では、水着の上に服を重ねるコーディネートが増えてきました。水着を使ったレイヤードの方法を、ファッション・ジャーナリストの宮田理江さんが解説します。

スイムウェア ワンピース ストライプ・フリル Kate 1万1000円(税込) Calzedonia

 夏本番が間近となり、水着の新調を考える時期になってきた。近頃は水着の上に服を重ねて、街着風にコーディネートする人が増えている。イタリア発のレッグウエアと水着のブランド「Calzedonia(カルツェドニア)」は水着の街中コーデでも先駆け的存在。世界的インフルエンサーのChiara Ferragni(キアラ・フェラーニ)さんが着こなす新作水着のルックを参考に、「水着=街着」のスタイリングを研究していこう。

トロピカル柄ワンピ水着に海色ミニドレス

スイムウェア ワンピース トロピカルリーフ Ellen 1万1000円(税込) Calzedonia

 せっかくのビーチだから、気分も盛り上げていきたいと思うなら、南国調のモチーフを選びたい。ピンクの下地にトロピカルリーフ(葉っぱ)プリントを施したデザインはリゾート気分に浸れる。アンダーバストにゴムを配し、薄手でソフトなカップをセットしてあるから、フィット感が高く、ボディーラインをきれいに整えてくれる。細かいフリルをあしらったショルダーストラップがフェミニン感を添える。バックラインがオープンで、背中側からの視線も受け止める。

ビーチウェア ポンポン 6500円(税込) Calzedonia

 水着を街で着る場合、最も手っ取り早いのは、薄手のワンピース風アイテムを重ねるコーディネートだ。海色のワンピはトロピカル柄の水着になじむ。肩ストラップや背中を適度に露出させるシルエットは、伸びやかな着姿に導いてくれる。フリルとタッセルをあしらったディテールが表情を加えている。ショルダーストラップのボウ結びは肩口に愛らしさを添える。長さを調節して、水着や素肌の見え具合をアレンジすれば、ムードを変えやすい。