• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

いつものボーダー柄をおしゃれに見せるアイデア

2016年7月2日

夏はマリンルック! ぜひ取り入れたいボーダー柄のスタイリングをチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

本格的な夏を迎え、マリンルックでおなじみのボーダー(横縞)柄の出番が増えてきた。見慣れた柄だが、着こなしの選択肢は一段と広がっている。手持ちのボーダー柄アイテムも、ちょっとしたアイデアで見栄えが劇的に変わる。好スタイリング例を参考に、ボーダールックの成功方程式をつかんでいこう。

J.Crew 2016春夏NYコレクション

スカーフでムードを変える

 水平の縞模様というボーダー柄の性格から、横長感が出やすいのは宿命とも言える。「太って見える」という誤解もここに由来するわけだが、とにかく封じ込めたいのは、「ボーダーオンリー」の見え具合。何か別の要素をかぶせて、幅一杯のトップスに変化を起こすのが上手なまとい方。たとえば、柄物のスカーフを肩から掛ければ、一気にエレガントさが増す。ボーダーにはもともとカジュアル感があるが、スカーフの柄次第でムードを変えられる。異なるモチーフを引き合わせる「柄 on 柄」がボーダーを単調に見せない。スカーフの色に、ボーダーと近い色を使うと、全体をなじませやすくなる。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宮田理江
宮田理江(みやた・りえ)
ファッションジャーナリスト、ファッションディレクター。多彩なメディアでランウェイリポートからトレンド情報、スタイリング指南などを発信。バイヤー、プレスなど業界経験を生かした、「買う側・着る側の気持ち」に目配りした解説が好評。自らのテレビ通版ブランドもプロデュース。セミナーやイベント出演も多い。 著書に「おしゃれの近道」「もっとおしゃれの近道」(ともに、学研パブリッシング)がある。公式サイト・fasion bible
関連キーワードから記事を探す
ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ