• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

夏はプリーツスカートで「涼やか」&「きちんと感」

2018年6月16日

手抜きに見えない「きれいめ」ルックを実現できる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 誠実さや落ち着きを演出しやすいプリーツ。ブラウスやワンピースなど、プリーツを使ったおしゃれの幅が広がっています。コーディネートのコツをファッション・ジャーナリストの宮田理江さんが解説します。

MIDDLA 2018年春夏コレクション

 きちんと感を出しやすいプリーツスカートの人気が続いている。さらに、ブラウス、ワンピースなど、プリーツを使ったおしゃれは広がる一方。誠実さや落ち着きなどの好感を呼び込みやすいプリーツはさまざまなシーンで役立てたい。持ち味を生かしつつ、多彩に着こなせるコーディネートプランを、東京ブランド「MIDDLA(ミドラ)」の2018年春夏新作ルックから見つけていこう。

プリーツワンピースで縦長レディーに

MIDDLA 2018年春夏コレクション
MIDDLA 2018年春夏コレクション

 プリーツにはもともと動きがあるが、ひだの細かいタイプは、さらにリズム感が出る。ワンピースを1枚で着る場合でも、細プリーツが施してあれば、単調に見えにくい上、レディーライクな雰囲気に仕上がる。ワントーン(単色)の服にも、ひだの陰影が深みをもたらし、落ち着いて映る。あえてノーアクセサリーを選んで、プリーツの表情を引き立てたい。

 直線を強調するプリーツは縦長シルエットと相性がよい。ロング丈のワンピースは、縦に長く走るプリーツとの相乗効果でスレンダーな着映えに。落ち感が印象的だから、シンプルに仕上げて。ウエストのあたりでリボンやベルトを緩めに巻いて垂らせば、さらに縦落ちイメージを増幅できる。

プリーツスカートで細脚アピール

MIDDLA 2018年春夏コレクション
MIDDLA 2018年春夏コレクション

 スカートでプリーツを生かすなら、ロング丈が効果的だ。レングスがたっぷりある分、直線的なひだがシャープなほっそり脚のイメージを寄り添わせてくれる。異素材で切り替えてあるタイプは風合いに変化があり、上品な風情を醸し出す。トップスをウエストインすれば、ロング丈スカートとのコントラストで、上半身が一段とコンパクトに見える。スカートが品格を帯びているから、トップスで多少の露出や遊びも試しやすい。

 ノーブルな雰囲気の強いプリーツスカートだが、主張やアレンジを利かせたタイプを選ぶと、別のムードを呼び込める。例えば、プリーツ部分にメタリック加工を施したスカートは、ひだが揺れるたびにきらめきを放ち、ドレッシーなシーンにもなじむ。スリット入りや2枚重ねなどの工夫が盛り込まれたデザインは、大人っぽさやグラマラス感をまとわせる。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宮田理江
宮田理江(みやた・りえ)
ファッションジャーナリスト、ファッションディレクター。多彩なメディアでランウェイリポートからトレンド情報、スタイリング指南などを発信。バイヤー、プレスなど業界経験を生かした、「買う側・着る側の気持ち」に目配りした解説が好評。自らのテレビ通版ブランドもプロデュース。セミナーやイベント出演も多い。 著書に「おしゃれの近道」「もっとおしゃれの近道」(ともに、学研パブリッシング)がある。公式サイト・fasion bible
関連キーワードから記事を探す
ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 9月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 9月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 7月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ