• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

お仕事ルックを退屈に見せない、シャツコーデ3選

2016年6月4日

「シャツにスリット&タイトスカート」の黄金比率を学ぶ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

シャツはお仕事ルックの枠を超えて、ジーンズやワイドパンツなどのデイリー系ボトムスで合わせるのが当たり前に。選択肢が広がる中、今、試したいのは、スリットスカートとのマッチング。知的セクシーなタイトスカートと引き合わせるコーディネートは新ムードを招き入れる。カッチリまとまりすぎないうえ、大人の余裕や分別を薫らせてくれるから、「シャツ+スリット&タイトスカート」はシャツの着回しバリエーションに加えておきたい。

最旬モードを自然体で表現

 デキル感を漂わせる着姿だが、よく見るとトレンドをしっかり落とし込んでいる。例えば、袖先を余らせる「エクストラスリーブ」はモード界で2016-17年秋冬向けに提案されたばかり。スカートの深めスリットもこれから勢いづきそうなアレンジ。目を惹くレースアップ(編み上げ)シューズは日本でも人気に火がつき始めた。

 袖が長くても、だらしなく見えていないのは、胸元を開けつつ、ウエストをきちんとベルトでマークしているから。オフィスでモードなディテールを生かすには、仕事場で目立ちすぎないよう、視線を散らす目配りが欠かせない。スリットがジップで開閉できるタイプは、シーンに合わせて脚の露出具合を加減しやすい。新トレンドはこういう風にさりげなく取り入れると、こなれ感が出る。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宮田理江
宮田理江(みやた・りえ)
ファッションジャーナリスト、ファッションディレクター。多彩なメディアでランウェイリポートからトレンド情報、スタイリング指南などを発信。バイヤー、プレスなど業界経験を生かした、「買う側・着る側の気持ち」に目配りした解説が好評。自らのテレビ通版ブランドもプロデュース。セミナーやイベント出演も多い。 著書に「おしゃれの近道」「もっとおしゃれの近道」(ともに、学研パブリッシング)がある。公式サイト・fasion bible
関連キーワードから記事を探す
ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ