• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

夏フェスでも街でも使える ハンズフリーバッグ活用法

2018年5月26日

ウエストポーチやミニリュックに注目!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 ウエストポーチやミニリュックなど、両手の空くバッグが注目を集めています。夏フェスから屋外レジャー、街中まで重宝するハンズフリーバッグ。使い分けテクニックをファッション・ジャーナリストの宮田理江さんが紹介します。

ミニリュック HALF PINT(Pink Mist) 3500円(税抜) JANSPORT

 見慣れたリュックだけでなく、ウエストポーチやボディーバッグが愛用者を増やしている。両手が空くから、スマートフォンを操作しやすく、荷物も運びやすい。元気で行動的なムードを呼び込めるのは、着こなし面でも魅力。夏の音楽フェスティバルや屋外でのレジャーでも重宝する。街中でも使いたいから、シーン別の使い分けテクニックをマスターしておきたい。

ウエストポーチできゃしゃ見せ

ウエストポーチ FIFTH AVENUE(Black) 2800円(税抜) JANSPORT

 かつて90年代にもてはやされたウエストポーチが華々しく復活している。たっぷり入るタイプはハンズフリーで過ごしやすいのに加え、ウエストを細く見せてくれる。アクティブな気分が漂うから、ショートトップスやジーンズが似合う。真正面ではなく、少し左右にずらして着けたほうがこなれて映る。

ウエストポーチ HIPPYLAND(Black/Gold) 3800円(税抜) JANSPORT

 ストラップの長さを調節できるモデルなら、ウエストポーチとしてもボディーバッグとしても使い分けられる。ボディーバッグは肩から胸にかけてポジションすると、体のきゃしゃ感を印象づけられる。いくらか膨らみを帯びたほうがウエストに立体感が出て、その分、おなかやヒップが目立ちにくくなる。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宮田理江
宮田理江(みやた・りえ)
ファッションジャーナリスト、ファッションディレクター。多彩なメディアでランウェイリポートからトレンド情報、スタイリング指南などを発信。バイヤー、プレスなど業界経験を生かした、「買う側・着る側の気持ち」に目配りした解説が好評。自らのテレビ通版ブランドもプロデュース。セミナーやイベント出演も多い。 著書に「おしゃれの近道」「もっとおしゃれの近道」(ともに、学研パブリッシング)がある。公式サイト・fasion bible
関連キーワードから記事を探す
ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 9月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 9月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 7月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ