• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「楽ちん服」と「おしゃれ服」を両立する絶対ルールは

2017年4月29日

肩肘張らないすてきなコーデが休暇ファッションの理想形

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

休暇を楽しむときは、「楽ちん」と「おしゃれ」を兼ね備えたファッションが理想的。でも楽ちんを追求するとおしゃれから遠ざかり、おしゃれを目指すと堅苦しいコーデになってしまいがちです。そこで、ファッション・スナップを例に、ファッション・ジャーナリストの宮田理江さんが休暇ファッションについて解説します

 いよいよ今日からゴールデンウイークがスタート。お出掛けにふさわしい服を選べば、自然と気分も盛り上がる。

 アクティブな休日用に選びたいのは、体を動かしやすく締め付けの少ない「楽ちんウエア」。着心地に優れた服はゆるく見えがちだが、上手に着こなせば手抜きに見えにくくなる。リラクシングでありながら、だらしなく見えないコーディーネート術を頭に入れておこう。

カットソーワンピで縦長シルエット

 組み合わせに悩まないで済むワンピースは、連休ルックの有力候補。伸縮性に富むカットソーで仕立てたワンピなら、窮屈感もオフ。自在に動き回れる。

 この春夏に選びたいのは、縦長イメージを帯びたマキシ丈のワンピ。自然な落ち感が出せるので、ほっそりシルエットを印象づけられる。目を引く柄のプリントを配したタイプは間延びして見えない。引き締め色の羽織り物をかぶせて、ワンピの面積をセーブすると、膨らんだ見え具合を避けられる。足元はスニーカーでアクティブに演出して。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宮田理江
宮田理江(みやた・りえ)
ファッションジャーナリスト、ファッションディレクター。多彩なメディアでランウェイリポートからトレンド情報、スタイリング指南などを発信。バイヤー、プレスなど業界経験を生かした、「買う側・着る側の気持ち」に目配りした解説が好評。自らのテレビ通版ブランドもプロデュース。セミナーやイベント出演も多い。 著書に「おしゃれの近道」「もっとおしゃれの近道」(ともに、学研パブリッシング)がある。公式サイト・fasion bible
関連キーワードから記事を探す
ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ