• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「定番柄」を今年らしく着こなす コーデ技で鮮度UP(2/2)

2018年4月14日

チェック、ストライプ、ドット、花柄…どう着る?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

チェック柄、ストライプ柄はフェミニンに寄せて

TOPSHOP 2018年春夏コレクション

 本来の持ち味とは異なるムードの別モチーフや色と組み合わせると、それぞれの柄の角が取れて、全体に収まりがよくなる。コーデのコツはまず主役柄のイメージをつかんでおくことだ。例えば、チェック柄には英国調やトラッド、ボーイッシュ、カジュアルなどの印象が強い。引き合わせるアイテムの候補は、これらのイメージの逆、裏のテイストになる。

 チェック柄スカートに合わせた、花柄・ピンヒールのショートブーツは程よくフェミニンを足し込んだ。ブルー系のニットトップスも穏やかなムードを添えている。チェック柄のコートにも真っ赤なヒール靴がたおやかな風情をプラス。素肌をのぞかせたショート丈トップスもみずみずしさをもたらしている。

TOPSHOP 2018年春夏コレクション

 一方、マニッシュなストライプ柄シャツはクールで凜々しいたたずまいだから、ピンクのパンツでフェミニン寄りにシフト。靴も爪先が露出したオープン・トゥのチャンキーヒール靴も伸びやかでヌーディー。春夏仕様のトレンチコートをかぶせて、全体のトーンを落ちつかせている。

定番柄と別テイストの組み合わせで「こなれ感」を

 ロンドン・ファッションウイークに参加している、英国ブランド「TOPSHOP(トップショップ)」はリアルスタイリングに役立つアイテムをそろえている。ロンドンモードの強みとされるハイストリートのテイストは今のおしゃれトレンドになじむ。

 おなじみの柄をまとうと、柄の印象が強く出過ぎて、ありきたりの着姿に見えやすい。でも、コーデを工夫して別テイストを交じり合わせれば、見飽きたイメージを遠ざけられる。今の最重要おしゃれキーワードとなっている「こなれ感」を醸し出す上でも、「定番柄崩し」は効果的だから、春夏ルックに賢く取り入れたい。

文/宮田理江 画像協力/TOPSHOP 

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宮田理江
宮田理江(みやた・りえ)
ファッションジャーナリスト、ファッションディレクター。多彩なメディアでランウェイリポートからトレンド情報、スタイリング指南などを発信。バイヤー、プレスなど業界経験を生かした、「買う側・着る側の気持ち」に目配りした解説が好評。自らのテレビ通版ブランドもプロデュース。セミナーやイベント出演も多い。 著書に「おしゃれの近道」「もっとおしゃれの近道」(ともに、学研パブリッシング)がある。公式サイト・fasion bible
関連キーワードから記事を探す
ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ