• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

春前の今こそ 「柄」と「色」で華やぎコーデに

2018年2月10日

花柄、チェック柄、トロピカル、ストライプが梅春ルックをパワーアップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 冬真っ只中ですが、明るい色の服をまとって気分だけでも春めきたいもの。春物ファッションの一歩手前の「梅春物(うめはるもの)」について、ファッション・ジャーナリストの宮田理江さんがストリートスナップとともに解説します。

 防寒が最大のミッションになるせいで、装いがもっさりしがちな、春ちょっと手前の季節。キャラクターまで退屈に見せてしまいかねないだけに、少しの工夫で「がっかり感」を遠ざけていきたい。暖かさを保ちながらも、フェミニンでアクティブに見せたいなら、「柄と色」を味方につけて。直感的にイメージを植え付けてくれるから、上手に取り入れれば冬のおしゃれを狙い通りに染め上げやすい。

ジューシーなオレンジでイメージアップ

 2018年の注目カラーの筆頭格としてオレンジが挙げられる。みずみずしく元気なイメージが強いオレンジは、服に生かすだけで、フレッシュなキャラクターを印象づけられる。

 しっとり大人っぽく演出するには、「落ち感」を意識したい。ミモレ丈のロングアウターとハイウエスト気味のスカートが縦長イメージをダブルでアピール。オレンジを引き立てる、爽やかな白のカットソーがクリーンなムードを添えた。羽根のようにも葉っぱのようにも見える柄を全体に散らしたスカートが上品なたたずまい。白とオレンジのツートーンでまとめているから、色味がきつく見えていない。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宮田理江
宮田理江(みやた・りえ)
ファッションジャーナリスト、ファッションディレクター。多彩なメディアでランウェイリポートからトレンド情報、スタイリング指南などを発信。バイヤー、プレスなど業界経験を生かした、「買う側・着る側の気持ち」に目配りした解説が好評。自らのテレビ通版ブランドもプロデュース。セミナーやイベント出演も多い。 著書に「おしゃれの近道」「もっとおしゃれの近道」(ともに、学研パブリッシング)がある。公式サイト・fasion bible
関連キーワードから記事を探す
ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 11月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 11月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 10月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ