• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

煉瓦造りの空間でハイセンスなグッズのお買い物!~三菱一号館美術館のショップ

2015年12月2日

東京・丸の内の三菱一号館美術館のミュージアムショップ「Store1894」に行こう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 美術館や博物館に併設された、知的好奇心をくすぐられるミュージアムショップを紹介していきます。第20回は、三菱一号館美術館のミュージアムショップ「Store1894」を取材しました。

*ショップの見どころ ⇒ このページ
*オススメ商品 ⇒ 2ページ
*美術館にも行ってみよう! ⇒ 3ページ


陽光が窓から差し込む素敵な空間!

 大きな窓から陽光が優しく差し込む、煉瓦造りのレトロな空間。東京・丸の内にある三菱一号館美術館のミュージアムショップ「ストア1894」は、展覧会の余韻を楽しみながら、ゆっくりと落ち着いて買い物が楽しめます。店内フロアは「常設フロア」と「企画展フロア」に分かれており、「常設フロア」には美術館のオリジナルグッズが並んでいます。

 「三菱一号館美術館の所蔵コレクションのなかには、19世紀末の西洋画家、アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックのリトグラフやオディロン・ルドンの『グラン・ブーケ(大きな花束』があります。そのため、Store1894では19世紀西洋をテーマに商品をセレクトしています。また、三菱一号館を設計したイギリス人の建築家ジョサイア・コンドルにちなみ、イギリスに関する商品も多数取り扱っています」

店長の中尾祥子さん。

 そう話してくださったのは、間もなく勤務3年目を迎える店長の中尾祥子さん。ショップの主要顧客は30~40代の女性だそう。ショップスタッフが、商品一つ一つを丁寧に説明しながら接客しているのが印象的です。

 「当店で取り扱っている商品は、所蔵作品がモチーフになっていたり、作る工程に様々なこだわりがあったりするので、それを説明するようにしています。来館される方に、商品が作られた拝啓やストーリーまで含めてお買い物をしてほしいと思うからです。『じゃあ、せっかくだから』とお買い求めいただけたとき、この仕事の醍醐味を感じます」(中尾さん)

 「企画展フロア」では、現在開催中の展覧会『プラド美術館展―スペイン宮廷 美への情熱』(2016年1月31日まで)にちなんだ商品を展開中。例えば、大胆なトリミングをほどこしたポストカードや、オシャレなピンバッジ、スペイン産の食材など。「常設フロア」とはまた一味違う、シャンデリアが煌めくシックな空間で、アートの中に迷い込んだような非日常的な気分が味わえます!

※ミュージアムショップの利用に、美術館のチケットは不要です。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
黒田隆憲
黒田隆憲(くろだ・たかのり)
大学卒業後、アパレル商社で働いた後、メジャーレーベルよりCDデビュー。その後フリーランスのライター/カメラマンに転身し、音楽雑誌やファッション誌、Webサイトなど様々なメディアで活動している。バンド時代の経験を生かし、レコーディングやライブ現場に精通した解説が好評。また最近は、音楽のみならずアートやグルメ、ペット関連の記事なども執筆。共同監修に『シューゲイザー・ディスク・ガイド』、著書に『マイ・ブラッディ・ヴァレンタインこそはすべて』ほか多数。
関連キーワードから記事を探す
旅行・お出かけミュージアムショップ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ