• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

木のぬくもりが温かい、東京おもちゃ美術館

2016年2月24日

大人も子どもも楽しめる、おもちゃのミュージアムショップ「Apty」を訪問

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

「魅惑のミュージアムショップ」連載・第26回。誰もが童心に返ることができる、東京おもちゃ美術館のミュージアムショップの「Apty(アプティ)」を訪問しました。

*ショップの見どころ ⇒ このページ
*オススメ商品 ⇒ 2ページ
*美術館にも行ってみよう! ⇒ 3ページ


童心に返って楽しめる“おもちゃショップ”

 「おもちゃを作る、遊ぶ、学ぶ、楽しむ」をスローガンに、国内外の玩具を所蔵・展示しているのが「東京おもちゃ美術館」です。併設されたミュージアムショップ「Apty(アプティ)」には、一般のおもちゃ店には並んでいないような、ユニークな玩具がところ狭しと並んでいました。

 「ここでは北海道から沖縄まで、日本各地で活動している“おもちゃ職人”さんの作品を展示・販売しています。現在は100人近くの職人さんと取引をさせていただいているんですよ」――そう話してくださったのは、店長の杉村美由紀さん。

 例えば、十二支をモチーフにした組み木のおもちゃや、かわいいくまのストラップなど、主に「木」を使った優しい手触りの商品が目立ちます。平日は赤ちゃん連れのママたちがここを訪れ、木製の「おしゃぶり」や「ガラガラ」といった、舐めても安心・安全なものを手に取られる人が多いのだとか。

 「オモチャの対象年齢は、0歳から99歳まで!(笑) 休日になると、若い女性がお一人で来られたり、恋人や友人を連れて来られたりすることも多くて大変賑わっています。例えば、豊永盛人さんという沖縄の職人さんが製作した“琉球張り子”は、まるでゆるキャラのような可愛らしいデザインが人気ですね。ナルカリクラフトという、長野の工房による“人体模型”や“ドクロ”をモチーフにした玩具も評判です」(杉村さん)

 そうした職人さんたちの作品だけでなく、ベーゴマやお手玉、けん玉のような、昔懐かしい玩具も展開。“PCゲーム世代”の子どもたちも、最初は戸惑いながら気づけば夢中になって遊んでいるそうです。

 「昔のオモチャって、自分で動かしたり遊び方を工夫しなければ動かない、ただのモノですよね。でも、練習してコツを覚えれば誰でも遊べます。指や手、体全体を動かして遊ぶものが多いから、脳の発達や情操教育にもとてもいいんですよ」(杉村さん)

 実際に手に取って遊ぶのはもちろん、部屋に飾ればインテリアとしても楽しめるものばかり。ちょっとしたホームパーティーに使えそうなゲームも置いてあるので、機会があれば是非一度のぞいてみてはいかがでしょう?

※ミュージアムショップの利用に、美術館のチケットは不要です。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
黒田隆憲
黒田隆憲(くろだ・たかのり)
大学卒業後、アパレル商社で働いた後、メジャーレーベルよりCDデビュー。その後フリーランスのライター/カメラマンに転身し、音楽雑誌やファッション誌、Webサイトなど様々なメディアで活動している。バンド時代の経験を生かし、レコーディングやライブ現場に精通した解説が好評。また最近は、音楽のみならずアートやグルメ、ペット関連の記事なども執筆。共同監修に『シューゲイザー・ディスク・ガイド』、著書に『マイ・ブラッディ・ヴァレンタインこそはすべて』ほか多数。
関連キーワードから記事を探す
旅行・お出かけ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ