• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

やりたいようにやる恋愛-「わがまま」のすすめ

2016年6月29日

『村に火をつけ、白痴になれ 伊藤野衣伝』に学ぶ恋愛論

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

“恋バナ収集ユニット”桃山商事の清田代表と森田専務が、恋愛の悩みに効く1冊を紹介していく新感覚のブックガイド『桃山商事の「恋愛ビブリオセラピー」』!

今回のお悩み
・数回デートした男性がいるが、向こうからはアクションを起こしてこない。彼の気持ちがわからない!
・重いと思われるのが怖くてわがままが言えない
・浮気をした彼のことがどうしても許せないのに、別れたくない
・トキメキがない男子と付き合うのってナシですか?
そんな悩みに効く1冊

この本がなぜ恋愛と関係あるのか

■異色過ぎる評伝―アナーキズムと恋愛

 みなさんこんにちは。桃山商事の森田です。

 今回ご紹介するのは、『村に火をつけ、白痴になれ 伊藤野枝伝』という強烈なタイトルの異色評伝です。

 伊藤野枝は大正時代に活躍した女性アナーキストで、本書の著者である栗原康さんもまたアナーキストとして活動しています。つまりこれはアナーキストによるアナーキストの評伝です。

 しかしアナーキストと聞いてピンとくる人は多くないと思いますので、ここではまず彼らが推進する思想=アナーキズムについてごく簡単に説明し、それから、大正のアナーキストの話がなぜ現代の恋愛に“めっちゃ役に立つ”のかを考えていきたいと思います。

 なお、本書は評伝と聞いてふつう連想するような、中立的でカタい言葉で書かれた本とは趣が異なります。著者は野枝への心酔を隠そうともせず、彼女が他人に意地悪されたら「ちくしょう」と憤り、優しくされたら「ありがとう」とお礼を言うのです。どこまでが野枝でどこからが著者の思いなのか判然としない、溶け合うような独特の文体は本書の魅力のひとつです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
桃山商事
桃山商事(ももやましょうじ)
二軍男子で構成された恋バナ収集ユニット。失恋ホスト、恋のお悩み相談、恋愛コラムの執筆など、何でも手がける恋愛の総合商社。男女のすれ違いを考える恋バナポッドキャスト『二軍ラジオ』も更新中。著書に『二軍男子が恋バナはじめました。』(原書房)がある。
Twitter:@momoyama_radio
公式サイト:桃山商事
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ