• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

好きを貫くために―芸人・永野から学ぶべき9つのこと

2016年10月31日

永野さんインタビュー【前編】

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

テレビで見ない日はないぐらい、大ブレイク中の芸人・永野さん。長年「カルト芸人」と呼ばれ続け、周囲から理解をされづらかった永野さんですが、一体どんな気持ちでこれまで芸人を続けられてきたのでしょうか? 自分のやりたいことを貫いて、この時代を生き延びるための心得を伺いました。

42歳で売れたきっかけは「パクりたい-1グランプリ」

 僕が世の中に知ってもらえるようになったのは、たぶん一昨年の年末の『アメトーーク!』の「パクりたい-1グランプリ」という企画で「ラッセン」のネタをやってからなんですよね。

 でも、本格的に忙しくなったのは今年に入ってからです。実は去年はまだじわじわと来ているぐらいだったんですよ。今年の夏ぐらいが一番ヤバかったですね。これが忙しいっていうことなのか、っていうのを味わって。今は何となく感覚がつかめてきて、そこそこうまく休めたりもしています。

 テレビに出てみた印象としては、やっぱり“外野”感みたいなものがウケてるのかな、っていう感じはありますね。他のテレビに出ている人たちとは全然違うんですよ。20年以上もずっと小さいライブとかにしか出られなくて、芸能界への入り方が独特だからまだ馴染んでなくて。

 僕はいま42歳なんですけど、30ぐらいで売れていたらもっと芸能人らしい感じになっていたんでしょうね。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
ラリー遠田
ラリー遠田
作家・ライター/お笑い評論家。執筆、講演など多方面で活動。お笑いオウンドメディア「オモプラッタ」の編集長を務める。「イロモンガール」(白泉社)の漫画原作、「なぜ、とんねるずとダウンタウンは仲が悪いと言われるのか?」(コア新書)など著書多数。
ウェブサイト:ラリー遠田公式サイト
関連キーワードから記事を探す
エンタメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ