• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

なぜ引きつけられる? ノンスタ井上に学ぶポジティブ力

2016年6月4日

「自分はイケメンに違いない」という自信―現代社会を明るく生き抜くために

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 さほど見た目が良いわけでもないのに、自分自身を格好いいと思い込み、いつも鏡を見つめてウットリしている――そんな典型的なナルシストの男性が身のまわりにいたら、あなたはどう思いますか?

 多くの女性は、こういうタイプの男性にはあまり好感を持たないのではないでしょうか。

 ところが、頭に「超」が付くほどのナルシストであるにもかかわらず、若い女性から絶大な支持を得て、年々その人気を伸ばしている男性芸人がいるのです。

 その人物とは、NON STYLEの井上裕介さん。

 左右非対称の髪型がトレードマークで、「よしもとブサイクランキング」では3年連続1位を獲得した"残念"なルックスの持ち主。ただ、一方で、井上さんには熱烈な支持者も多く、そのほとんどは若い女性です。

 彼の人気は関連グッズの売り上げにも表れています。

 2015年3月に発売された日めくりカレンダー『まいにち、ポジティヴ!』は10万部を超える大ヒット。好評につき、2016年3月には第2弾として『まいにち、ポジティヴ・ラヴ』も発売されました。2013年8月に刊行された著書『スーパー・ポジティヴ・シンキング 日本一嫌われている芸能人が毎日笑顔でいる理由』も、増刷を繰り返し発行部数はすでに3万5千部を超えています。

 井上さんの人気に関して特筆すべきなのは、若い世代のファンが多いということです。

 一般に、フレッシュな魅力を放つ20代ぐらいの男性芸人には、若い女性のファンがつくことが多いのですが、男性芸人が年齢を重ねるにつれて、そういったファンのほとんどは離れていってしまうものです。

 ところが、井上さんは36歳を超えた今でも人気を落としていないどころか、むしろ中高生などの若い女性ファンがどんどん増え続けています。これは過去にもあまり例がない事態です。

 井上さんの独り勝ちの秘密はどこにあるのでしょうか?

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
ラリー遠田
ラリー遠田
作家・ライター/お笑い評論家。執筆、講演など多方面で活動。お笑いオウンドメディア「オモプラッタ」の編集長を務める。「イロモンガール」(白泉社)の漫画原作、「なぜ、とんねるずとダウンタウンは仲が悪いと言われるのか?」(コア新書)など著書多数。
ウェブサイト:ラリー遠田公式サイト
関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ