• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

近藤春菜が抜擢され続ける秘密は「内気力」にあり

2016年4月12日

未熟さ、女性っぽさを感じさせない絶妙なポジションを獲得

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 新年度が始まり、テレビの世界は改編期を迎えています。たくさんの番組が終了していく一方、新しく始まる番組もあります。また、この時期にはレギュラー出演者の入れ替えなどのリニューアルが行われることもあります。

 そんな中でいま注目されているのは、朝の生情報番組『スッキリ!!』(日本テレビ系)で、ハリセンボンの近藤春菜さんが新たにサブMCに就任したことです。春菜さんと言えば、言わずと知れた女芸人界でも有数の売れっ子。そんな彼女がついに朝の帯番組のレギュラーの座を獲得したのです。ここで結果を残せば、この番組のメインMCである加藤浩次さん、『ノンストップ!』(フジテレビ系)の設楽統さんに続いて、芸人MCとして朝の顔になる日も遠くないかもしれません。いまや女芸人の中でも断トツの出世頭になりつつある春菜さん。その人気の秘密はどういうところにあるのでしょうか?

 春菜さんの代名詞として真っ先に思い浮かぶのが、「角野卓造じゃねえよ!」というツッコミでしょう。春菜さんの顔が俳優の角野さんに似ていることから生まれた一種のギャグです。これにはほかにもいろいろなバリエーションがあり、「シュレックじゃねえよ」「マイケル・ムーア監督じゃねえよ」などと、相手の投げかけたせりふに応じて使い分けられています。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
ラリー遠田
ラリー遠田
作家・ライター/お笑い評論家。執筆、講演など多方面で活動。お笑いオウンドメディア「オモプラッタ」の編集長を務める。「イロモンガール」(白泉社)の漫画原作、「なぜ、とんねるずとダウンタウンは仲が悪いと言われるのか?」(コア新書)など著書多数。
ウェブサイト:ラリー遠田公式サイト
関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術エンタメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ