• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日本の貢献で蘇った15体のモアイ像とは!?

2015年10月20日

訪れたい!南米チリの西に浮かぶイースター島

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 南米チリの西、首都サンチャゴから約3800kmの南太平洋に浮かぶイースター島。「ラパ・ヌイ」とも呼ばれるこの島は、島内に林立する巨大な石像モアイで有名です。いつ、誰が、何の目的で、どのようにしてこれらの石像を築いたかには、諸説あるものの確たる証拠はありません。ですが、謎に満ちた巨像は、紛れもなく人類が築いた大いなる遺産です。(写真=photolibrary)

南太平洋の絶海に浮かぶ火山島

 南太平洋に浮かぶイースター島。ポリネシアの人々が「輝ける偉大な島(ラパ・ヌイ)」と呼ぶこの火山島は周囲約60kmで、面積は日本の利尻島とほぼ同じ。全体がラパ・ヌイ国立公園として世界遺産に登録されている。

 「イースター島」と呼ばれるようになったのは、18世紀のオランダ人探検家ロッゲフェーンが西洋人として初めて上陸した日が、感謝祭(イースター)だったためだ。その約50年後、英国人探検家のキャプテン・クックがこの島のことを「航海記」に記したことで、イースター島の名は世界に広まった。現在は、イースターの現地語読みである「パスクア」島が、正式名称である。

亜熱帯に属しながら緑に乏しいイースター島。南太平洋の楽園というイメージからはかけ離れた景観だ。

 南太平洋のトロピカルな島というイメージとは裏腹に、イースター島では海流の影響でサンゴも生育せず、海岸線の大半は険しい断崖で、岩肌もむき出しだ。いかにも火山島らしい荒涼とした景観の中にたたずむのが、887体にものぼるモアイ像である。

 大きな頭とずんぐり体型が特徴のモアイ像は、高さ3~30mで、重いもので数十トンにもなる石造りの巨像。多くが海を背にして立っていることから、鳥を守るとともに祖霊を祀るための像だと考えられているが、真相はいまだ謎に包まれたままだ。

島南西部のハンガロアが、イースター島唯一の村。市場や土産物屋が建ち並ぶ。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
小野 正惠
小野 正惠(おの・まさえ)
編集プロダクション、エイジャ代表。フリーライターとして、コスモポリタンほか女性誌や朝日新聞、毎日新聞などで執筆。1990年、株式会社エイジャを設立した。旅をメーンに歴史、文化などのテーマで編集・執筆に取り組む。主な作品は、『日本ユネスコ協会連盟 世界遺産年報』のほか、『週刊 ユネスコ世界遺産』『世界遺産夢紀行』『世界遺産検定公式テキストブック』『週刊 京都を歩く』『世界遺産なるほど地図帳』(以上講談社)、『ルネサンス街道の旅』(日経BP社)、『週刊 世界の博物館』『週刊 地球46億年の旅』(以上朝日新聞出版社)、『行って良かった!絶対見たい!世界遺産77』『仏像ワンダーランド』シリーズ(以上JTBパブリッシング)ほか多数。2011年にはアプリ制作会社のリンク・リンクを立ち上げ、世界遺産を中心にしたアプリを制作・販売中。
関連キーワードから記事を探す
旅行・お出かけモアイ像

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ