• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

目からウロコの仕事ハック

覚えておきたい!上手な批判との付き合い方とは?

2015年11月19日

ポジティブな評価よりもネガティブな批判の方が頭から離れにくい?!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

「働き女子の味方! 目からウロコの仕事ハック」では「アイデアを実現するためのカリキュラム」の提供を目的としたブログ99Uの 記事を紹介しています。仕事に関するさまざまなノウハウを取り上げた本サイトでは仕事効率化、モチベーション、失敗の対処法、メール術、体調管理など幅広いテーマをカバー。仕事にまつわる様々なテーマを学問的な知見を交えながら分かりやすく解説。常識を覆すユニークな視点で書かれた記事が魅力です。

 あなたは打たれ弱いですか?それとも打たれ強いですか?

 「批判されたくない」、「批判されても微動だにしないくらいどーんと構えていたい」なんて思っても、なかなかそうはいかないものですよね?

 目立った発言や行動を一切しない限り、批判を避けるのは実質的に不可能です。それでもなお批判は飛んでくるかもしれません。

 本当のところ、成長や改善を目指すなら、むしろ批判に晒されることが必要なのです。的確な批判は改善に直結する重要なカギでもあります。あなたのエゴはそんなにやわでありません。批判されて多少傷ついても、そこから回復し、批判を成長に変えることができるはず。

 99UライターGregory Ciottiは、むしろ批判を受けることは自分が正しい方向に進んでいるサインでもあるとまで言います。

*****************************************
[引用]批判する人に遭遇しないということは、おそらく間違った方向に向かっていることを意味している。
*****************************************

 今回のコラムでは「批判」の本質をひも解き、それとの付き合い方を考えていきます。

「なんでも否定したがる人」と「なんでも肯定したがる人」が絶対数いる

 批判から逃げるべきではありませんが、かといってすべての批判を聞き入れるべきというわけでもありません。時には攻撃的な批判によって、こちらが被害をこうむることがおうおうにしてあるからです。

  (次ページ:「批判」をどうとらえるか…。見分け方とかわし方)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
お仕事術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ