• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

目からウロコの仕事ハック

長時間労働はNG!?いい仕事をしたいなら労働時間を減らすべき

2015年10月22日

1日10時間働くことよりも、ひとつのタスクに2時間集中する習慣を

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「働き女子の味方! 目からウロコの仕事ハック」では「アイデアを実現するためのカリキュラム」の提供を目的としたブログ99Uの 記事を紹介してます。仕事に関するさまざまなノウハウを取り上げた本サイトでは仕事効率化、モチベーション、失敗の対処法、メール術、体調管理など幅広い テーマをカバー。仕事にまつわる様々なテーマを学問的な知見を交えながら分かりやすく解説。常識を覆すユニークな視点で書かれた記事が魅力です。

 「苦労がなければ何も得られない」というのは誰にとっても多かれ少なかれ馴染みのある考え方ではないでしょうか? 私たちは幼少の頃から学校教育、または社会によって「頑張り」や「努力」が理想だと教え込まれてきました。多く会社で昇進のために必須とされる長時間労働もこの考えに後押しされているように映ります。

 あなたは仕事の充実を何で測っていますか? いろいろなことをこなし、疲れて帰宅することでしょうか?メールを何十通、何百通も裁くことでしょうか?やることリストにあるタスクをたくさん処理することでしょうか?上述の答えが頭に浮かんだ人は心理学者たちが長年指摘してきた「労働幻想」を持っているかもしれません。

*****************************************
【引用】心理学者たちは以前から「労働幻想」という現象を指摘してきた。他人の仕事を評価する時、口では仕事の質と早さを重視すると言うのだが、実際のところ相手が自分のために汗水かいているという実感を求めているのだ。
*****************************************

 このような心理状態になるのは、このことから権力や優越感が得られるからかもしれません。次の例も、私たちがいかに頑張りや疲労することに重きを置くかが伺えます。

*****************************************
【引用】行動経済学者のDan Ariely(ダン・アリエリー)は、錠前屋が仕事が上達するにつれチップの数が減り、価格設定に対して文句を言われるようになった話を紹介している(*)。錠前屋がひとつの仕事を少ない労力で非常に素早くこなすことができようになったため、顧客はだまされているような気持ちになったのだ。仕事が早いことは錠前屋の強みであり、欠点ではないことが明らかなのにも関わらず。
*****************************************

 人がこうした心理状態になることは研究でも明らかにされています。

*****************************************
【引用】2011年に行われたハーバード・ビジネス・スクールのRyan Buell(ライアン・ビューエル)とMichael Norton(マイケル・ノートン)による研究(*)では、航空券検索サイトのユーザーが検索をする際、結果が出るまで長く待たされることを好むことが分かった。それは、サイトが「一生懸命」各航空会社のデータベースを処理している状況が画面で細かく確認できるという条件付きでだが。
*****************************************

「いい仕事をするにはたくさん働かなくていけない」という考えは間違い

 上述の通り、努力を執拗に求める社会の中で私たち自身もその要求に応えようと頑張るわけです。徹底した集中を伴う数時間の作業ではなく、1日中メールの処理や電話の対応などをすることから充実感を得ている人がほとんどでしょう。しかし、それは大きな勘違いでもあります。

*****************************************
【引用】それはいわゆる「努力の罠」というものである。2時間集中して難しい問題について考えることとは違い、受信箱のメールを処理したり、電話をかけたりすることに10時間費やす方が簡単にやりがいを感じることができる。
*****************************************

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
お仕事術長時間労働

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ