• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「逃げ恥」の星野源に私たちが釘付けになる理由

2016年11月8日

量産型ドS男子に飽きてきた私たちの前に、突如現れた新星!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

西森路代さんのコラム「人気研究所」の今回のテーマは、ミュージシャン、俳優、文筆家と、どの分野でも活躍してきた星野源さん。今年は、『逃げるは恥だが役に立つ』に出演したことで、今までよりも幅広い層のファンを獲得しているようです。

ラブコメのセオリーがすべて詰め込まれた「逃げ恥」

 これまで、ベタベタのラブコメディをいろいろ見てきましたが、ラブコメには、二人の関係性が、進展しそうで進展しないということが鉄則としてあります。

 そのために、ラブコメでは、出会いが最悪で、お互いの印象が悪かったり、好きになり始めても、その気持ちに気づかなかったり、気持ちがバレバレなのに、一方が気づかなかったり、はたまた気づいたのに、それが誤解であると思い込んだりしないといけません。

 また、最初は好きではない二人が、自分の意志にかかわらず頻繁に会っている設定にするために、あるいは、オクテなヒロインでも相手と会う機会が多くなる設定にするために、いきなりひょんなきっかけで、同居することにあるというものもラブコメの鉄板です。例えば、『イタズラなKiss』という作品では、ヒロインの琴子の家が倒壊し、親同士が親友であったことから、ヒロインは大好きな入江くんと同居することになるのです。

 「逃げ恥」では、お互いの印象はさほど悪くはないものの、出会いは家事代行サービスの雇用主と労働者であるし、ひとつ屋根の下に暮らしたのも偽装結婚がきっかけだから、好ましい感情が生まれても「これは恋ではなく業務の一環だ」と考えて、好きという気持ちにブレーキをかけてしまう。実は「逃げ恥」には、こういったラブコメのセオリーがすべて入っているのです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
西森路代
西森路代
ライター/人気事象評論家。1972年生まれ。大学卒業後、地方テレビ局のOLを経て上京。派遣社員、編集プロダクション、ラジオディレクターを経てフリーランスライターに。主に、アジアのエンターテインメントや女子、人気について執筆。共著に「女子会2.0」(NHK出版)、著書に「K-POPがアジアを制覇する」(原書房)がある。TBS RADIO文化系トークラジオ 「Life」にも出演。
関連キーワードから記事を探す
エンタメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ