• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

私たち、りゅうちぇるから目が離せない!

2016年8月4日

「どっきり」で本音を見せ、なお輝くタレントNo.1

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

見た目のインパクト抜群のりゅうちぇるさん。そして、パートナーのぺこさん。今ではテレビには欠かせない人物といっても過言ではないでしょう。西森路代さんがりゅうちぇる人気を考察します。

キラキラしたりゅうちぇるに釘付け! イラスト/川崎タカオ

 去年あたりから、ジェンダーレス男子という言葉がよく聞かれるようになりました。同時に原宿系ファッションの男の子や、ツイッターのカップル共有アカウントなどが話題になり、そうした要素を持つ若者がテレビに求められるようになっていったように思います。

 そんな空気を受けて、タレントはその席を目指し、またテレビ側も、その席に誰かを座らせようと、さまざまな人物を見つけてきては出演させてきました。現在活躍中の藤田ニコルさんも、テレビに出始めた当初は、その当時つきあっていた彼氏と共に出演していたこともありました。

 そんなときに突如テレビに現れた、りゅうちぇるさんとぺこさん。当初は、ぺこさんがカリスマモデルで、また実家がお金持ちという、テレビで紹介しやすい話題があり、そしてその彼氏も原宿系で、キャラクターが強いということで、テレビにとっては願ってもない、引きのあるキャラクターと判断されたのだと思います。彼らをフィーチャーしたのは、藤田さんと彼氏がカップルで出演していた『行列のできる法律相談所』でした。

 彼らがテレビに出てきた当初は、今の若い世代には、こんな人たちもいるのか……くらいの気持ちで見ていましたが、今ではテレビには欠かせない人物になりました。こうした世の中の流行を世間に知らしめる役割を引き受けて、それでもなお消費されるだけに終わらず、出演し続けるというのは、見ているよりもずっと大変なことだと思います。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
西森路代
西森路代
ライター/人気事象評論家。1972年生まれ。大学卒業後、地方テレビ局のOLを経て上京。派遣社員、編集プロダクション、ラジオディレクターを経てフリーランスライターに。主に、アジアのエンターテインメントや女子、人気について執筆。共著に「女子会2.0」(NHK出版)、著書に「K-POPがアジアを制覇する」(原書房)がある。TBS RADIO文化系トークラジオ 「Life」にも出演。
関連キーワードから記事を探す
エンタメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ