• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

トレンドの「キャメル服」を、絶対老け顔に見せない血色メイク

2015年11月5日

女っぷり復活の秋! 「NOTくすみ」で一目置かれる存在感のある佇まいに

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 このコラムでは、『Oggi』『CanCam』『GINGER』『Domani』『美的』『VERY』『mina』『MORE』『Ray』など数々の女性ファッション誌でヘアメイクを担当する神戸春美さんに、メイクの基本や応用テクニック、超カンタンにできるヘアアレンジ法などを教えてもらいます♪

 こんにちは。皆さん、秋冬のお洋服は買いましたか? この秋冬の流行色といえば、なんといってもキャメル。さまざまなキャメルのアイテムが店頭に並んでいるので、すでにゲットした人も、これから買いたいと思っている人もいるのでは。ただ、キャメルは肌色と近い色なので、ともすれば顔がぼやけて見えたり、肌色がくすんで老けて見えたりすることも…。そこで今回は、今秋冬に欠かせない色・キャメルをより素敵に着こなせるメイクをレクチャーします。

キャメルの服を着るときのメイクのポイント

○肌がくすんで見えないようにベースメイクでツヤを仕込むこと
○チークとリップで赤みをプラスして、血色よく見せること
○目元はブラウンシャドウのグラデでメリハリをつけること

 キャメルの服、特にトップスを着たときに、「肌がどんよりとくすんで見える」「なんだか老けて見える」と感じたことはありませんか? それは、肌色に近いキャメルが顔と同化してメリハリがなく見えたり、キャメルの黄みに引っ張られて肌がくすんで見えたりすることがあるからです。

 キャメルの服を着るときは、いつもより肌にツヤ感を与えてくすみを飛ばし、口元と頬に赤みをプラスして血色よく仕上げましょう。赤みのあるリップとチークを使うことで、女性らしさも加えることができますよ。目元は、メリハリをつけるためにブラウンの濃色シャドウをグラデ塗りして。アイラインを使わずにシャドウで陰影をつけることで、キャメルの柔らかな印象をキープできます。

 ほぼノーメイクの状態。肌色がくすんで見え、疲れた印象に。

キャメル服メイクにすると…

 キャメルの持つソフトな印象と艶っぽい女性らしさをあわせ持つ仕上がりに!

目元は

 スティックタイプのブラウンのアイシャドウで上まぶたのキワにラインを太めに引き、それを上に向かってぼかしていく。アイホールあたりまでぼかし、境界をなじませて仕上げる。アイライナーは使わず、ソフトな印象に仕上げること。

リップ&チークは

 チークは赤みローズ、口紅は朱赤をチョイス。チークはやや広めにふんわりぼかし、口紅は輪郭通りに塗る。肌になじみすぎる色ではなく、赤みを感じる色で血色を与えて。

ベースメイクは

 パール入りの下地を使い、肌をワントーン明るくしておくこと。ファンデは薄めに、仕上げのお粉も軽くすることでツヤのある肌に仕上げて。

使ったアイテムはこれ!

アイシャドウ
ランコム オンブル イプノ スティロ(04) スティックタイプのクリーミーなアイシャドウ。発色がよく、ラインのようにも使える。3500円(税抜)/ランコム
http://www.lancome.jp/
口紅
エレガンス ミシック ルージュ(01) 鮮やかな発色なのに肌から浮かない色みとツヤのある仕上がりが特徴。3800円(税抜)/エレガンス・コスメティクス
http://www.elegance-cosmetics.com/
チーク
エレガンス ジェンティール フェイス(RD301) ふんわりと自然になじみ、やわらかな立体的な頬に仕上げる。4500円(税抜、ケース別売り1500円)/エレガンス・コスメティクス

文/石河美穂子 撮影/鈴木希代江 モデル/小原 星

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
神戸春美
神戸春美
サロンワークを経て、ヘア&メイクアップアーティスト森ユキオさんに師事。 2005年独立。『Oggi』『Anecan』『BAILA』など多数の女性誌で活躍している。ほどよくトレンドを取り入れた女性らしいヘア&メイクに定評がある。
関連キーワードから記事を探す
メイクアップキャメル

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ