• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

この春はネイビーメイクが一番美人にみえる

2016年4月14日

寒色カラーで、さわやかな大人スタイルを楽しんで!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

こんにちは。暖かい日が増え、本格的にこの春夏のメイクが気になりだす時期ですね。春夏の軽やかなファッションにマッチして、オフィスで求められるきちんと感を満たしてくれるのが「ネイビー」を使ったアイメイクです。できる女風にもカジュアルにも使える色・ネイビーをマスターして、春メイクを楽しみましょう。

通勤服にもマッチするネイビーアイメイクのポイント

・青みが強すぎず、一見すると黒に見えるネイビーを選ぶこと
・濃いネイビーは目尻だけに使い、抜け感を出すこと
・アイラインは黒ではなくグレーを選び、ネイビーの持つニュアンスを活かすこと

 ネイビーをアイメイクに取り入れるときに一番気をつけたいのが色選びです。オフィスでも使いやすいネイビーはいわゆる「濃紺」で青よりも黒に近い色。青みが強いアイシャドウを選んでしまうと、大昔のサーファーメイクのようになってしまうので気をつけて! また、ネイビーを使う範囲を広くし過ぎると古臭い印象になることがあるので、目尻だけにポイントを絞って使いましょう。目を伏せたときにチラッとネイビーが見えるくらいを目安に、抜け感を大切にして。

 ネイビーのアイシャドウに黒のアイラインを合わせると黒が主張しすぎてしまい、ネイビーの繊細なニュアンスがかすんでしまうので、アイラインはチャコールグレーをセレクト。程よく引き締めながらソフトな印象に仕上がります。

 リップとチークは色みを感じさせるものを選んで、ネイビーの持つクリーンなイメージに女性らしさを加えましょう。リップはややマットめに仕上げ、チークはフワッと広く入れることで子供っぽくしないこともポイントです。

通勤服にもマッチするネイビーアイメイク

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
神戸春美
神戸春美
サロンワークを経て、ヘア&メイクアップアーティスト森ユキオさんに師事。 2005年独立。『Oggi』『Anecan』『BAILA』など多数の女性誌で活躍している。ほどよくトレンドを取り入れた女性らしいヘア&メイクに定評がある。
関連キーワードから記事を探す
メイクアップ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ