• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

この春はデキる女風“大人っぽいニュアンスヘアアレンジ”

2016年2月25日

いつもとほぼ同じアレンジなのに、グロッシーな質感でトレンド感が出る

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは。このところ日差しに温もりが感じられる日があり、少しずつですが春が近づいてきているのを感じますね。春はスタートの季節。髪型をチェンジしたいと思っている人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、サロンに行かなくても今春の気分が味わえるヘアアレンジをご紹介します。

2016年春のトレンドを押さえたヘアアレンジのポイントは

・ウェットでグロッシーな質感を出すこと
・前髪の分け目などにセンターパーツを取り入れること
・まとめ髪は低めの位置にして脱力感を出すこと

 ここしばらくは髪をエアリーな質感に仕上げることが主流でしたが、この春は髪の質感のトレンドに変化があり、髪にしっとりとした重みを出したウェッティな質感が注目を集めています。質感が重めといってもベッタリとまとめる訳ではなく、空気感や動きは出しつつ、ツヤとしなやかさを感じさせるのがこの春の気分です。

 スタイリングに使うのはワックスで、ツヤとウェットな質感を出すグロス系ワックスと動きをつけるファイバー系ワックスを混ぜると、旬のグロッシー感が出てアレンジもしやすいのでおすすめです。

 次のポイントは分け目。髪を真ん中で分けるセンターパーツのスタイルが注目されています。額が出るのでクリーンな印象になり、春の軽やかなファッションにもぴったり! セレブの間では、キッチリと分け目をつけてタイトにまとめるスタイルも人気ですが、まずはラフにセンターで分けたアレンジから挑戦を。

 ヘアアレンジに欠かせないまとめ髪はボリュームや高さを出さず、ゆるっと仕上げるスタイルが気分です。いかにもアレンジしました!という仕上がりではなく、手ぐしでササッとまとめたような力の抜けた仕上がりを目ざしましょう。

2016春Style1

ウェットな質感のセンターパーツでくるりんぱを今年顔に

BACK

 前髪をセンターで分けることで額がのぞき、フェイスラインがキレイな卵形に見える。ワックスでウェットにした髪をくるりんぱすることで、よりツヤ感が強調される。

アレンジプロセス

1 分け目を変えたい前髪とトップ部分を水で軽く濡らして、クセをつけやすくする。

2 指で無造作にトップと前髪をセンターで分ける。分け目がくっきりしないように指で髪を散らす。

3 グロス系ワックスとファイバー系ワックスを半々で混ぜ、髪の根元近くから毛先までざっくりと束っぽくなるようになじませる。

4 髪をひとまとめにして後ろで結ぶ。高さは耳の下あたりが目安。

5 結び目を少しゆるめて二つに分けて毛先を通し、「くるりんぱ」する。

6 トップやサイドの髪を少しずつ引き出して、ニュアンスをつけて仕上げる。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
神戸春美
神戸春美
サロンワークを経て、ヘア&メイクアップアーティスト森ユキオさんに師事。 2005年独立。『Oggi』『Anecan』『BAILA』など多数の女性誌で活躍している。ほどよくトレンドを取り入れた女性らしいヘア&メイクに定評がある。
関連キーワードから記事を探す
メイクアップヘアアレンジ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ