• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

法改正で追い風到来! 2016年は女性管理職の門戸が広がる?

2016年1月5日

改正された「男女雇用機会均等法」に基づく指針とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは。「ワークルールとお金の話」の社会保険労務士 佐佐木由美子です。今年もどうぞよろしくお願いいたします。昨年末に、働き女子にとって気になる指針の改正がありました。ぜひ内容を確認してみましょう。

ジェンダー・ギャップ指数で低迷する日本

 「いくら頑張って仕事をしても、社内で女性が昇進することはなく、給与も横ばいで、やりがいが感じられない…」 そうした女性たちの悩みを耳にすることは珍しくありません。

 入社当初は、男性とそれほど変わらない給与。しかし、徐々に開きが出て、任される仕事も受けられる研修等も変わってくる…。「何かおかしい」「ビジネスの世界で女性は冷遇されている」そのように感じる女性は、実に多いことでしょう。

 世界各国の男女平等の度合いを指数化した世界経済フォーラム(WEF)の2015年版「ジェンダー・ギャップ指数」において、日本は調査対象145か国のうち101位。経済の分野では、日本の女性労働参加率が低く、男性との賃金格差も大きいことにより106位と前年に比べ4位下がり、日本への評価は依然低いと言わざるを得ません。

 こうした中、女性が十分に能力を発揮して、活躍できる環境を整備するため、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」が2016年4月1日より施行されます。

 労働者数301人以上の事業主は、採用者数に占める女性比率、勤続年数の男女差、労働時間の状況、管理職に占める女性比率をはじめとする女性の活躍状況について把握し、課題分析を行うことが求められます。その結果を踏まえ、行動計画を策定・届出をしたうえで、自社の女性活躍に関する情報を公表します。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
佐佐木 由美子
佐佐木由美子(ささき・ゆみこ)
人事労務コンサルタント・社会保険労務士。中央大学大学院戦略経営研究科修了(MBA)。米国企業日本法人を退職後、社会保険労務士事務所等に勤務。2005年3月、グレース・パートナーズ社労士事務所を開設し、現在に至る。女性の雇用問題に力を注ぎ、働く女性のための情報共有サロン【サロン・ド・グレース】を主宰。著書に「採用と雇用するときの労務管理と社会保険の手続きがまるごとわかる本」をはじめ、新聞・雑誌等メディアで活躍
関連キーワードから記事を探す
働き方マネー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ