• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

働き方改革法案成立、私たちの働き方はどう変わる?

2018年7月18日

長時間労働の是正に歯止めはかかるか

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは、「ワークルールとお金の話」の佐佐木由美子です。6月29日、参議院本会議で「働き方改革関連法案」が可決、成立しました。これによって、私たちの働き方にどのような影響があるのでしょうか? 今回は、働き女子の皆さんに関連する法律のポイントとして「時間外労働」に焦点を当てて見ていきましょう。

働き方改革関連法の3つの柱とは?

 働き方改革は、少子高齢化に伴い生産年齢人口が減少していく中で、多様な働き方を選択できる社会を実現し、一人ひとりがよりよい将来の展望を持てるようにすることを目指しています。

 2018年7月6日に公布された「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案」は、

(1)働き方改革の総合的かつ継続的な推進
(2)長時間労働の是正、多様で柔軟な働き方の実現等
(3)雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保

 以上の3つを柱に労働基準法や労働契約法、雇用対策法などの8つの法律を一括して改正するものです。

 働き方改革の目玉とされている改正の一つが、「時間外労働の上限規制の導入」です。本来、法律では労働者が働くことのできる「法定労働時間」を定めています(労働基準法第32条1項、2項)。休憩時間を除き、1週間は40時間、1日は8時間を超えて働いてはいけないことになっているのをご存じでしょうか?

 ところが、労働者の過半数で組織する労働組合か、労働者の過半数を代表する者との労使協定において、時間外・休日労働について定め、行政官庁に届け出た場合には、法定の労働時間を超える時間外労働、法定休日労働が認められているのです。この時間外労働協定は、労働基準法第36条に定めがあることから、一般に「36(サブロク)協定」とも呼ばれています。

 36協定には時間外労働ができる限度時間が設けられています。ですが、「特別条項付き36協定」を締結し、時間外労働をしなければならない特別な事由がある場合は、企業側はさらに限度時間を超えて働かせることができます。そのため、実質的には時間外労働は青天井であると問題視されていました。

 今回の改正では長時間労働の是正が目玉とされていますが、中でも「時間外労働の上限規制の導入」は、罰則付きとして強制力を持たせているという点で注目をされています。これは2019(中小企業は2020)年4月1日から施行されます。

働き方改革関連法の中でも、「時間外労働の上限規制の導入」は特に注目されています (C)PIXTA

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
佐佐木 由美子
佐佐木由美子(ささき・ゆみこ)
人事労務コンサルタント・社会保険労務士。中央大学大学院戦略経営研究科修了(MBA)。米国企業日本法人を退職後、社会保険労務士事務所等に勤務。2005年3月、グレース・パートナーズ社労士事務所を開設し、現在に至る。女性の雇用問題に力を注ぎ、働く女性のための情報共有サロン【サロン・ド・グレース】を主宰。著書に「採用と雇用するときの労務管理と社会保険の手続きがまるごとわかる本」をはじめ、新聞・雑誌等メディアで活躍
関連キーワードから記事を探す
働き方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ