• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

今さら聞けない「裁量労働制」何が自由で何が変わる?(2/2)

2018年3月14日

自由な働き方に見られる光と影、労使関係のバランス

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

法案に盛り込まれた「スーパー裁量労働制」

 今回の働き方改革法案では最終的に削除されたものの、企画業務型裁量労働制の対象業務に、(1)裁量的にPDCAを回す業務、(2)課題解決型の開発提案業務――の二つを追加して、さらに拡大を図ることを狙いとしていました。こうした対象範囲の拡大は、日本における人手不足の現状の中で多様な働き方を用意し、日本全体で生産性を高めることが目的とされています。

 そもそも裁量労働制は、私たちの働き方に浸透しているとは言い難い状況といえます。企画業務型裁量労働制が適用されている労働者割合は、平成29年度調査計でわずか0.4%、専門業務型裁量労働制の1.4%と合わせてもわずか1.8%にすぎません(平成29年就労条件総合調査概況)。こうした状況の中で、政府としては拡大を狙いましたが早くも立ち消えとなり、経済界からは失望の声も聞かれています。

 働き方改革法案において裁量労働制は切り離されたものの、一部で「スーパー裁量労働制」で皮肉られている「高度プロフェッショナル制度」は、そのまま法案に盛り込まれています。これは、金融商品のディーリング業務やアナリスト、コンサルタントの業務など、高度の専門的知識等を必要とする一定の対象業務に就く年収1075万円以上の労働者について、労使委員会で決議し行政官庁へ届出等を行うことにより、労働時間、休憩、休日・深夜の割増賃金に関わる労働基準法の適用から除外される制度をいいます。対象者は相当限られるとはいえ、裁量労働制と比べても規制が緩く、かえって長時間労働を招くことになることが懸念されています。

適切に運用されない企業も…

 裁量労働制は、うまく活用できれば、生産性を高めワークライフバランスの実現にも役立つ働き方であるといえます。実際に、時短勤務の適用を受けずに、裁量労働制でメリハリをもって働くことによって給与を維持しながら育児と仕事の両立を図っている方もいます。そうした方たちにインタビューしてみると、「裁量労働制だからこそ、仕事を続けることができた」「これ以外の働き方はもうできない」など、好意的に評価している様子がうかがえます。

 一方、適切に運用されず、問題となっているケースも後を絶ちません。つい先頃も、裁量労働制を違法に適用したとして厚生労働省東京労働局から特別指導を受けた大手不動産会社がありますが、裁量労働制で働いていた男性社員が過労自殺で労災認定を受けていたことが明らかになりました。勤務記録によると、亡くなる1カ月前の残業時間は約180時間に達していたといいます。

どのような働き方でも普段から生産性を意識して働くことが大切です (C)PIXTA

 働き方の自由度を高めていくことは、労働生産性を向上させる上でも、個人の生活を充実させるためにも重要です。問題はその使い方で、大切なのは労使双方が正しい認識をもってベクトルをうまく合わせていくことではないでしょうか。

文/佐佐木由美子 写真/PIXTA

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
佐佐木 由美子
佐佐木由美子(ささき・ゆみこ)
人事労務コンサルタント・社会保険労務士。中央大学大学院戦略経営研究科修了(MBA)。米国企業日本法人を退職後、社会保険労務士事務所等に勤務。2005年3月、グレース・パートナーズ社労士事務所を開設し、現在に至る。女性の雇用問題に力を注ぎ、働く女性のための情報共有サロン【サロン・ド・グレース】を主宰。著書に「採用と雇用するときの労務管理と社会保険の手続きがまるごとわかる本」をはじめ、新聞・雑誌等メディアで活躍
関連キーワードから記事を探す
働き方マネー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ