• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

働く女性の新・食スタイル

昼休み活用、婚活も…ハイブリッド型料理教室が人気

2016年4月7日

人気の秘密は料理以外のうれしい特典。働く女性が集まる今ドキ料理教室

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

新年度が始まり、心機一転なにかを始めてみよう! と思っている人も多いはず。習い事の中でも昔から人気だった料理教室だが、最近は料理以外にもうれしい特典のあるハイブリット型も登場。ランチタイムの1時間で完結する教室や、合コンも兼ねたレッスン、国際交流を楽しめるクラスなど、忙しい働き女子にもおすすめの厳選料理教室をご紹介!

まずはお昼休みに通えちゃう、超時短&効率的な料理教室から!

 ここ数年注目が集まっている「昼活」。昼休みを有効活用し、食事だけではなく自分磨きに使うという動きは、朝活に続きじわじわと定着しつつあり、なんとランチタイムの1時間で完結する料理教室も登場! プロのシェフから料理を教わり、完成した料理はランチも兼ねて試食して、13時には通常通りオフィスに戻れるという働き女子には有難い合理的なシステムが人気だ。

短時間ながらも、シェフの人柄やスタッフの気配りも手伝って和気あいあいとした雰囲気

 実際に調理を行うのは講師を務めるシェフのみだが、参加者は20分の調理デモンストレーションを見学しながら、シェフの手元の様子を確認したり、レシピ本だけでは分からないちょっとしたプロのコツを聞いたりすることができる。持ち帰り分を含め2800円(税込)という料金もありがたい。

 「ランチタイム1時間完結」を実現するために、何より大切にしているのが事前準備。「レッスンを担当してもらうシェフには、とにかく20分で1品が完成するように何度もメニューや段取りについて確認します。またレシピの質はもちろん、シェフの質にも自信があります。参加者のみなさんへ短い時間できちんと料理の段取りやコツを話して頂かなければならないので、希望される方は多いのですが、シェフはかなり厳選して採用しています」と、この料理教室を提供するEATALK代表の里見浩子さん。

レシピ本だけでは分からない、プロの動きやタイミングをしっかりインプット

 里見さんが会社員時代に抱えていた「こんな料理教室があったら」という理想を凝縮したEATALKには、時短以外にも働き女子目線の嬉しいポイントが沢山。例えば3月のレッスンでは常備菜である「キャベツと塩豚」の作り方だけでなく、それを使った2つのアレンジレシピ「キャベツのチャンプルー」「豚バラのごちそうサラダ」も一緒に教えてくれる。自宅ですぐに実践できるアレンジのコツをプロから教えてもらえれば、料理の幅も広がりそう! 「今までおいしく作れなかったポイントがわかり、おいしく作れるようになった」「家族からほめられるようになった」などの声が多く寄せられているというのも納得だ。

 また数年前からは、福利厚生や部署を超えた交流の機会として企業が利用するケースも増加。現在はそんな流れを受け、企業と協力し社内で使われていないキッチンの有効活用も兼ねた「ランチレッスン・キャラバン」を計画中なのだとか。興味のある読者は、ぜひHPからお気軽にご相談を!

続いては、婚活もできる料理教室!

 料理教室の延長線上に結婚生活を思い描いている人も多いはず。そんな女子にとって一石二鳥なのが「料理合コン」。男女1人ずつがペアになり、料理という共同作業を一緒に楽しむことで自然と会話が盛り上がると評判で、運営側に報告されているだけでも、結婚・交際へと結びついた参加者の数は500組以上というから驚き!

共同作業を通じて自然と仲良くなれると好評。女性の参加費は2900円~とリーズナブルなのも嬉しい

 人気の秘密は、通常の合コンでは分からない相手の内面を垣間見られる点にもありそうだ。「率先してお皿を洗ってくれるか」「調理中に必要な調理器具を取ってくれるか」などは、家事への協力や助け合いの精神を判断する大きなポイント。料理を通じて、将来円満な結婚生活を過ごせるかどうかを事前に見極める良い機会ともなる。また異性とのおしゃべりが得意ではないという人も、料理という作業が微妙な会話の間を埋めてくれるので、通常の合コンよりスムーズに会話が弾みそう。

調理後はみんなで試食。一緒に作った料理を食べながらのおしゃべりは、楽しくて自然と笑顔に

 メニューは和食、フレンチ、イタリアン、ハワイアン、カフェレシピなどから、毎月4つのスタイルを用意。「食べておいしいだけでなく、作って楽しいという点も考慮しながら、レシピ開発を行っています」とアイリスキッチンスタジオの運営会社であるエルクーデ代表取締役、中村祐樹さん。ペア1組当たりに1人の講師が付き、分からないことはいつでも質問できる上に計量などの下準備はすべて済んでいるので、「実は料理が苦手」という女子でも安心して参加できる。失敗も成功も含めた共同作業、男性と一緒に楽しもう!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
グルメ暮らし方健康レシピ・食材

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 9月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 9月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 7月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ