• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

働く女性の新・食スタイル

イマドキ女子はおしゃれにラーメン!

2016年3月31日

美容に嬉しい麺から職場で気軽に食べられる行列店の味まで一挙紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

女子ラーメンが一大ブームになっている。先ごろ、横浜で開催された「ラーメン女子博」は、初開催の昨年に3万人を動員し、今年は期間と出店数を拡大して開催された。女性の美や健康を意識したラーメン店も増え、メーカー各社からも女性に人気の有名店とのコラボ麺や低カロリー麺、パッケージにもこだわったカップ麺が次々登場。ダイエットの敵・手抜きの食事というイメージを一蹴する、働き女子におすすめのラーメンをご紹介!

罪悪感ゼロ。野菜感満点のベジソバ

 食事の時はいつでも野菜の割合が気になるのが、多くの女性の心理。そんな心理を満足させる、麺、スープ、トッピングと、すべてにおいて野菜感たっぷりのラーメンがある。その名もベジソバ。

「ベジソバ」850円(税込)。トッピングは、蒸しキャベツ、人参、水菜、レンコンチップ、押し麦のバジル和え。一部の野菜は日替り

 人参をベースにしたとろみのある塩のスープに、パプリカを混ぜ込んだオレンジ色の平打ち麺、そして、数種類の野菜がたっぷり盛られたその姿はカラフルで、見るからにヘルシー。野菜のダシに人参をグラッセしてからピューレ状にして入れたスープは、甘みも感じられ、パスタのような麺とよく絡み美味しい。丼のフチには、味変アイテム(途中で味の変化を楽しむための調味料)として、柚子胡椒と粒マスタード入りのマッシュポテトが。レンゲにスープを入れて、その中で溶かしながらいただく。味のバリエーションが楽しめるから、最後まで栄養を残さず飲み干せる。

 このラーメンをいただいたのは、東京・平河町にあるソラノイロ本店。「女性が一人でも気軽にラーメンを食べられるお店でありたい」という店のコンセプトは、入りやすい店構えや、カフェのような内装、卓上に置かれたヘアゴムにも表れている。

 ベジソバは、ソラノイロ代表の宮崎氏がホテルの朝食で人参ジュースを飲んだ時に思いついたアイデアだという。「野菜ジュースのようなラーメンができないか」、そんな思いがメニュー誕生のきっかけになったと、本店の塩田剛基副店長が教えてくれた。

 「ラーメンを食べる時の罪悪感がない」「これなら毎日でも食べられる」という、女性の常連客も多いそうだ。ヴィーガン用のメニューもあり。

栄養素の宝庫「ユーグレナ」入りのグリーン麺

 ユーグレナという、昨今注目の自然素材はご存知だろうか。ユーグレナは藻の一種で、ビタミンやミネラル、アミノ酸や不飽和脂肪酸など、59種類もの栄養素を持ち、人間が生きていく上で欠かせない栄養素の大半を含んでいる。特に、ユーグレナ独自の成分である「パラミロン」は、デトックス効果が高く、中性脂肪の排出や、便秘解消が期待されるというから聞き捨てならない。

 そのユーグレナを麺に練りこんだラーメンがあるのだ。

「しおグリーン麺ゆずみつば」950円(税込)。トッピングは、国産豚肩ロース、あべ鶏むね肉コンフィ、みつば、赤玉葱、メンマ、そして柚子

 向かったのは、東京・池袋にある「麺屋 六感堂」。一見、ラーメン屋っぽくない店構えで、女性ひとりでも気軽に入りやすい。ユーグレナを使ったラーメンは、スープ(塩・醤油)やトッピングの違いで数種類あったが、今回は女性客のほとんどが注文するという人気メニュー「しおグリーン麺ゆずみつば」を食べてみた。

 石垣産ユーグレナの入った麺は、翡翠を思わせる薄いグリーンで、コシのある細麺。藻だけに、青臭さや独特の味が感じられるのかと思ったが、それはない。さらに、麺には北海道産小麦が使われ、モチモチ感も。今まで食べたことのない食感と感じる客もいるそうだ。塩味のスープとの相性がよく、さっぱりと美味しくいただける。

 このメニュー考案のきっかけを、オーナーの渡邊直樹さんに教えてもらった。「今では化学調味料を使わない『無化調』の無化調のラーメンは珍しくありません。健康志向でもうひとひねりできないかと考えていたら、ユーグレナの存在を知りました。スープに入れている店はありましたが、麺に使っている店はなかったので、自家製麺というメリットを生かし、練りこんでみたらうまくいきました」

 このラーメンが女性ウケする理由は麺だけではなさそう。添加物や化学調味料が一切使用されていないのをはじめ、魚介の乾物のみでダシをとった透明感のあるスープはカロリーが低め。また、青々と、たっぷり盛られたみつばや、着丼した時の柚子の香りで、五感も楽しませてくれる。

 次ページは、オフィスで食べるのも恥ずかしくない女子向けカップ麺!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
グルメ健康レシピ・食材ラーメン

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ