• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

働く女性の新・食スタイル

身体をいたわる「ドクターズスイーツ」が話題!

2016年3月10日

元気やキレイをサポートしながら楽しめるスイーツ4種

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

スイーツはダイエットの敵!とはいっても、過度な我慢はストレスのもと。そこで、今年のフードトレンドとして注目されているのが、「ドクターズスイーツ」。医師が開発に関わることで、食材が持つ成分での機能性だけでなく、医学的な根拠やデータの分析に基づいた別の機能を合わせもつという新しいスイーツだ。そのため販売される場所が一般的な店舗ではなく、医療機関や調剤薬局という商品もある。今回は4つの商品をピックアップした。

血糖値が気になる人でも食べられるチョコレート

 まず紹介したいのが、マザーレンカの「ドクターズチョコレート」。ドクターズスイーツという言葉が一気に注目を集めたきっかけは、このチョコレートといっても過言ではない。2014年にバレンタインデー向けの機能性チョコレートとして発売され、GI値(食後の血糖値の上昇率を示す指標)が低いことが臨床実験で証明されていることから口コミで話題に。販路が調剤薬局などに限られているにも関わらず販売は好調で、2015年秋にはパッケージをリニューアル。機能性食品が注目を集めるなか、その医学的な裏付けに大きな反響があり、ドクターズスイーツの代表格として注目を集めている。

マザーレンカ「ドクターズチョコレート ノンシュガー」ダーク、ミルク(各500円)
<ここがポイント!>
血糖値が気になる人でも食べられる低GI食品
ミニミニサイズのチョコで疲れたときのちょい食べに◎
全国の調剤薬局や医療機関のみで購入可能

 ドクターズチョコレートを開発・販売するマザーレンカの池田貴子社長によると、食後の血糖値の上昇率を示す「GI値」を測定すると、一般的なチョコレートのGI値が91であるのに対し、ドクターズチョコレートはミルクが36、ビターは26と低い。これは、キャベツなどの野菜とほぼ同じだという。GI値が低いと、食べても血糖値があがりにくいため、糖尿病など甘いものの摂取制限がある方にもおすすめできるうえ、摂取しても脂肪がつきにくいというメリットもある。

 さらに、いま注目されている「抗糖化」にも有効だという。

 「炭水化物や、砂糖など糖質の摂取量が過剰だと、血液中に糖が多くなります。体に余分な糖が多いと体内のたんぱく質と結びついてしまい、老化促進物質のAGE(糖化最終生成物)が生じてしまいます。これを糖化というのですが、体中の様々な組織がたんぱく質からできているので、それが変性してしまうと、本来の働きを著しく低下させてしまいます」(池田さん)。砂糖不使用なのでAGEは生じにくくなり、糖化防止にも役立つ、というわけだ。

 実際に食べてみると、味はしっかりとチョコレート。甘みがあるのはミルクだが、個人的にはダークの方がほどよい苦味がしっかりあり、好みだった。池田さんも、どちらかといえばダークを薦めるという。理由は、そのカカオポリフェノールの含有量の違いだ。

 「ダークは、今話題のカカオポリフェノールの含有量が高い、ハイカカオの商品になります。赤ワインのポリフェノールは有名ですが、一般的な赤ワインに含まれるポリフェノールの量は、100mlで約100mgと言われています。弊社のダークチョコレートは、1袋30gで、約690mgのポリフェノールが摂取できますので、一般の赤ワインの約6杯分相当になります」(池田さん)

 確かに、ワイン6杯を飲むのは体質的に厳しい人も、チョコレートならば摂取しやすい。

 直営のオンラインショップ以外では全国の調剤薬局や医療機関でのみ販売されており、疾患により糖分の摂取制限がある方を中心に人気だ。現在は好評のため在庫切れとなる店舗が多く、在庫があるところを除いては再入荷は2016年4月以降を予定している。

スウェーデン生まれのアンチエイジングを意識したチョコレート

 スタイリッシュなパッケージに入ったこちらは、北欧・スウェーデン生まれのドクターズスイーツ「NOXプレミアムオーガニックチョコレート」。

「NOXプレミアムオーガニックチョコレート Love Edition」12粒入り(1800円)
<ここがポイント!>
スウェーデンの医療機関が開発
100%オーガニック原料でプレゼントにもできる高級なデザイン
アンチエイジングやダイエットが気になる人向け

 医療機関Mesopharma社の薬剤師が開発したチョコレートで、100%オーガニック原料を使い、こだわりのレシピでおいしさと機能性を両立させている。コンセプトに「食べないより食べた方がいいチョコレート」を掲げている。

 同商品は1口サイズで、高機能食材として注目のスーパーフードであるバオバブとアサイーが配合されており、高い抗酸化作用が認められているチョコレートだ。体内の活性酸素が増えると、生活習慣病や疾病のリスクが高まるとされているが、「ORAC値」(体内の活性酸素を除去する力を数値化したもの)が高いものを摂取することで、活性酸素を除去し、アンチエイジングや美容にも効果があるといわれている。NOXオーガニックチョコレートには1粒でORAC値はなんと9472! これは、オレンジの抗酸化レベルの100倍、ブルーベリーの20倍に相当する。

 この商品を輸入・販売しているユニークのブリッツェ麻子さんは「ポリフェノール、ビタミン、食物繊維、ミネラルが豊富で、NOXチョコレート1粒4.5gでブルーベリー約1kgと同等の抗酸化作用があるというデータが出ています。体内の酸化ストレスを軽減してくれるので、アンチエイジングやダイエット、生活習慣病の予防に最適です」という。

 また、香料も合成甘味料も使わず、カカオ本来の味を感じてもらうことも重視している。

 「合成甘味料は低カロリーですが、腸内環境に異常をきたし、糖尿病の原因につながるとも言われています。この商品ではオーガニック栽培された低GIのココナッツシュガー(ココナッツの花蜜)を使うことによって、腸内環境を健やかに保て、すっきりとした甘さを実現しています」(プリッツェさん)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
グルメ健康レシピ・食材

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ