• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「仕方がない」の口癖が、あなたの残業量を決めている(4/5)

2017年7月24日

「脱時間給」時代の新しい働き方とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

相手にメリットがある伝え方を考える

 私が会社員のときの話です。私はコンサルティング会社の資料作成の専門部署に在籍していました。この部門は作家と編集者の関係と似ていて、作家であるコンサルタントから原稿が出てこないと、私の仕事はいつまでたっても進みません。かといって「早くしてください」とせっついても早く出るわけでもないので、待ち時間がひたすら長い残業になることもありました。

 これはまさしく「仕方のない」ことではありましたが、私は自分の早起きの得意技で残業をなるべくしない工夫をしていました。先方のコンサルタントには「私は朝に強いので、どうぞゆっくり、おしりの時間を気にしないで心ゆくまで作業してください。私はもう退社しますが、その代わり、いつもより早く出社して資料は間に合わせますからお任せください」と伝えたのです。

 早朝出社にも残業手当が出る会社だからできた技ではありますが、私はさっさと帰ることもでき、先方は時間を気にせずじっくりと資料を作ることができ、お互いにハッピーでした。

 ポイントは、相手のメリットと自分のメリットをどうつなげて、相手にそのほうが得だと思ってもらうかということです。

 ここで私が「早く帰りたいので、早く原稿をください」と言っていたら、ただの感じが悪いヤツで、自分の都合しか考えていないように思われてしまいますよね。あなたの仕事でも、同じようなことはできないかを考えてみてください。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
お仕事術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 9月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 9月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 7月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ