• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

上司をうまくマネジメント 最も重要なのは「聞き方」(2/2)

2018年2月15日

語尾を変えるだけで伝わり方が変わるテクニックも伝授

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

聞くことは、視野を広げるトレーニング

 苦手な上司や意見が異なる相手の話を素直に聞けないという人は、もしかしたら「聞く=同意」と捉えているのかもしれません。

 「違う意見を持つ人の話を素直に聞いてしまったら、自分の考えを曲げて相手に同調したことになる」

 こんなふうに考えていませんか?

 相手の主張を素直に聞くことは、言いなりになることではありません。自分とは違う視点や捉え方を知って、「視野を広げる」ということです。

 「聞く=同意」と捉えてしまうと、自分とは違う意見を聞けなくなってしまいます。会話をするたびに、「あなたには賛成できません」とお互いが反発し合い、どちらの主張が正しいのかを決める勝負になってしまうからです。

 前回の記事で詳しくお伝えしましたが、正しさや常識は、時代や状況に応じて変化します。さまざまな考え方がある中で、話をいったん受け止めて聞くことは、相手の意見を尊重することでもあるのです。

 自分とは違う考え方に耳を傾けることは、視野を広げるトレーニングにもなります。そして同意はできなくても、「あなたはそう思っているんですね。理解しました」と伝えることから、相手との対話が始まるのです。

意見は違っても協力できる関係性づくりを

 また、企業の研修をしていると、「みんなが納得する結論を出すにはどうすればいいですか?」という質問を受けることがあります。

 しかし結局のところ、「全員が納得する結論」というものはありません。人それぞれ、立場や経験、考え方などが違う中で、全員一致の答えというものは、基本的には「ない」と思っていたほうがいいと思います。それよりも、意見や考え方が違う中でも、協力して仕事を進められる関係性を目指しましょう。

 例えばAという企画と、Bという企画があった場合。自分はAの企画がいいと思ったけれど、会社としてはBの企画を採用することになった、というケースはよくあります。このとき、Aの企画がよかったと思う気持ちをなくし、心からBの企画を認めることは難しいでしょう。

 このように、無理に人の気持ちを変えることはできません。ですから他人の意見を変えようとするよりも、たとえ考え方が違っていたとしても、前に進むために協力して動ける状態をつくることが大切です。

 人間関係も同じで、すべての人と良好な関係を築くことは難しいと思います。全員とよい関係を築こうとするよりも、苦手だけど協力して仕事を進められる関係性を目指してみましょう。

 「苦手だし、意見も考え方も違う。でも、いざとなったら協同関係を結んで同じ方向に進んでいける」

 こうした関係を築くためにも、まずは相手の話を「聞く」ことを心掛けてみてください。そうして自分自身の視野を広げていけば、少しずつ意見が合わない人の「いいところ」にも目を向けられるようになり、自然と相手に感謝をしたり、ほめたりする機会が増えていくと思います。

*今週の宿題*

 考え方が違う人と話をしたときには、「〇〇さんは×××と思っているんですね」と、相手の主張をいったん受け止めてみましょう。自分の意見を伝えるときは、語尾に注意。「××じゃないですか?」よりも「××じゃないです?」と、「す」で止めたほうが、柔らかい印象になりますよ。

どんな意見の人とも、良好なコミュニケーションが取れるようになるはずです (C)PIXTA

聞き手・文/青野梢 イラスト/北村みなみ 写真/PIXTA

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
谷益美
谷益美(たに・ますみ)
ビジネスコーチ。Office123代表、香川県生まれ。一般企業の営業職を経て2005年独立。早稲田大学ビジネススクール、岡山大学非常勤講師。専門はビジネスコーチング及びファシリテーション。全国の企業、大学、官公庁などで年間約200本の対話型研修を行う。著書「リーダーのための!コーチングスキル」(すばる舎)、「タイプがわかればうまくいく! コミュニケーションスキル」(総合法令出版・枝川義邦共著)、など。
関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術働き方お仕事術人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ