• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日経グッデイ・最新カラダのはなし

働き方タイプ別 あなたに合った睡眠の実践テクニックは

2016年9月13日

パフォーマンスを上げる眠りの極意 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この連載では、毎週火曜日に健康・医療専門サイト「日経Gooday」編集部の取材から、元気になる最新のカラダの話をお届けします。

 「睡眠に必要なのは、技術です」と語るのは、企業向けに睡眠のオーダーメイドソリューションを提供するニューロスペースの小林孝徳社長。DeNAや吉野家をはじめとする数々の企業で、社員のお悩みに合わせた眠りのテクニックを伝授する、睡眠のプロだ。第1回では「睡眠を司る2つの生体リズム」、第2回では「パフォーマンスを上げるための眠りの極意」について教えていただいた。だが、「自分の勤務スタイルではその通りにできない」と感じる人も多いだろう。そこで今回は、働き方のパターン別に睡眠の実践テクニックをご紹介いただく。

働き方別 良質な眠りのためのテクニック

 眠りにまつわる悩みは、人それぞれだ。眠りの質を左右する要因にはさまざまなものがあり、多くの場合、仕事の内容や勤務体系が大きな影響を与えている。

 そこで今回は、勤務スタイル別に睡眠のお悩みを4パターンに分類。それぞれの職場で役立つ睡眠のテクニックを教えていただこう。

働き方別 睡眠のお悩み4パターン

1.パソコン作業中心型…長時間パソコンに向き合うデスクワーク。オン・オフを問わず寝る直前までパソコンに触れており、寝つきが悪い人が多い。
2. 立ち仕事型…立ちっぱなしの時間が長いサービス業など。体を動かしている間は自覚がなくても、知らず知らずのうちに眠気がたまっていることも。
3. 交代制勤務型…深夜営業の店に勤務する人や医療従事者など。十分な睡眠時間を確保できないことや、昼夜逆転することも珍しくない。
4. 海外出張型…時差ボケによる眠気に悩まされがち。目的地との時差に翻弄されて生活リズムの立て直しに時間がかかることも。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ