• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日経グッデイ・最新カラダのはなし

過去最高とも言われる猛暑 職場の熱中症対策は万全?

2016年7月12日

知っておきたい暑さ指数・WBGT、活用している職場は4分の1

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この連載では、毎週火曜日に健康・医療専門サイト「日経Gooday」編集部の取材から、元気になる最新のカラダの話をお届けします。

 猛暑が予想される夏を目前に、安全衛生用品の通販サイト「ミドリ安全.com」が発表した「職場の熱中症対策の実態調査」(調査期間:2016年5月25日〜28日)の結果によると、熱中症対策に関して職場の教育や指導は徹底されているとは言い難いという。

 調査では「安全」「衛生」に関わる職務に携わっている500人の男女を対象にオンラインアンケートを実施した。夏場の熱中症対策について職場での教育や指導状況を聞いたところ、「毎年定期的に、教育や指導が実施されている」が58.4%にのぼる一方、27.4%が「特に何も行われていない」と答えた(図1)。また13.4%が「現場に配置された当初だけ実施されている」と回答した。

図1 職場における夏場の熱中症対策についての教育や指導状況

暑さ指数WBGTを職場で活用しているか

 熱中症に大きく関係する気温、湿度、ふく射熱(地面や建物、体から出る熱)などをもとにした指標「暑さ指数(WBGT)」についての認知度を調べると、「よく知っており業務に活用している」との回答は4分の1(24.0%)にとどまった。

 WBGTを活用している職場で、WBGTが高いときにどのような対策を行っているか尋ねると、「休憩の間隔や休憩時間を長くしている」(64.2%)、「暑い時間帯の作業を避けている」(57.5%)、「暑い時間帯には軽い負荷の作業に切り替えている」(55.0%)などが上位に挙げられた(図2)。

図2 WBGTが高いときの対策(WBGTをよく知っており活用している職場)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ