• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

私の学歴・収入 vs. 彼のプライド、幸せのために優先すべきは?

2016年1月20日

「すべて辞めてオレについてこい」と言われたとき、どうする?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 東京・西荻窪にある個人経営の喫茶店に来ています。フリーランスで生計を立てている人が多く住む町なので、平日の日中でも働き盛りの大人たちがコーヒーを飲みながら本を読んだり打ち合わせをしたり。僕は再婚して愛知県に引っ越すまではこの町に足かけ8年間ほど住んでいました。今でも気軽に付き合えそうな人はこの町に誘って食事をしたりしています。

 この店で向かい合っているのは、フリーの人事コンサルタントをしている山口慶子さん(仮名、41歳)です。高学歴高収入の美人で独身の慶子さん。前回は、16年間も付き合っていたヨウイチさんと20代の頃に結婚しなかった理由について伺いました。

 2年前に同棲を解消し、友だちに戻る決断をする直前にも、慶子さんはヨウイチさんからプロポーズをされました。でも、慶子さんは結婚に踏み切ることはできなかったそうです。

 「彼のがんばり過ぎている姿を見るのが辛くなってしまいました。ある日、珍しく酔って言ったことが忘れられません。『オレは何をやっても慶子に勝てない。俺って要る?』と。彼は学歴や収入が私よりも低いことをずっと気にしていました。同棲をしていたのも私が買ったマンションです」

山口慶子さん(仮名、41歳) 「活字とコーヒーは生活に欠かせません」

 小さい男だなとヨウイチさんを笑うことは僕にはできません。僕は34歳のときに離婚をした経験がありますが、その原因の一つは前妻の親が建ててくれた二世帯住宅に移り住んだことでした。自分の家ではないという現実が、「男性としての責任やプライド」のようなものを失わせるとは思ってもいませんでした。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
大宮 冬洋(おおみや・とうよう)
フリーライター。1976年埼玉県生まれ。一橋大学法学部卒業後、ファーストリテイリング(ユニクロ)に就職するがわずか1年で退職。編集プロダクションを経て、2002年よりフリー。著書に『30代未婚男』(共著/NHK出版)、『バブルの遺言』(廣済堂出版)、『私たち「ユニクロ154番店」で働いていました』(ぱる出版)など、電子書籍に『僕たちが結婚できない理由』(日経BP社)がある。食生活ブログをほぼ毎日更新中。読者の方々との交流イベント「スナック大宮」を東京と愛知で不定期開催。BPnetでの連載「仕事恋愛の理論と実践」、結婚相談所・楽天オーネットでの連載「ニッポン独身くん図鑑」もウーマンオンラインでの人気連載「お見合いおじさんは見た!」と併せてお楽しみください。
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ