• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

成功した女性はモテない?~「女性の新しい魅力」とは。社会オンチの世渡り論

2016年1月13日

深澤真紀×古市憲寿対談「成功している女性は好き」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

本サイトでも人気だった連載「深澤真紀の女オンチ人生」を発展させ、女オンチに「男オンチ、社会オンチ」までをテーマにした書籍が、来月、刊行されることになりました。対談相手として加わったのは、若手の社会学者、古市憲寿さん。「女オンチ、男オンチ、恋愛オンチ、社会オンチ」について、語り合いました。

 今回は、前回に続いて、「女性の新しい魅力」です。

深澤:私は、「女性は容姿よりストックやスペック」という古市くんみたいな人が増えたらいいなと思うんですよ。

 というのは、日本の女性はがんばってスペックやストックを持てるようになっても、男にはモテないって言われてきたわけですから。

古市:実際、高学歴の女性ほど結婚が難しいって話はよく聞きますよね。

深澤:日本はいまだにそういう社会です。だから、女性の成功をほめてくれて、好きになってくれる男性は増えたほうがいい。

古市:成功している人は好きですよ。

深澤:それを言われれば、報われる女性もいると思う。

古市:才能ある人、成功してる人は好きですよ。

深澤:ストックやスペックよりは、才能とか成功のほうが、言い方としてはいいかな(笑)。

古市:あとは、自信がある人が好きかな。というか、気が付いたら僕の周りには自信のある人しかいないかも。周りの人は、「自信のあるジャイアン」ばっかり。

深澤:「自信のあるジャイアンタイプの女性が好き」っていうのも、古市くんらしくていいよね。

 でもあなたは若くして成功したんだから、それを自分にも分け与えてほしいと思う女性のほうが多いのかも。

古市:……自分が成功して得たものを、なんで誰かに分け与えなきゃいけないの?

深澤:その意見には私も賛成なんだけど(笑)、そういう意見を男性が明らかにすると、まだまだ驚かれるよね。

古市:だから女性と一緒に投資して倍々ゲームして勝ち分を分けるのはいいけど、自分のものを誰かに分け与えるっていう発想がない。

深澤:うんわかりますよ、こういう男オンチはもっと増えていいと思う。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
深澤真紀(ふかさわ・まき)・右
コラムニスト・編集者。企画会社タクト・プランニング代表取締役社長
1967年、東京生まれ。早稲田大学第二文学部社会専修卒業。卒業後、いくつかの出版社で編集者をつとめ、1998年、企画会社タクト・プランニングを設立。日経ビジネスオンラインで命名した「草食男子」は2009年流行語大賞トップテンを受賞し、国内だけはなく世界で話題になる。『輝かないがんばらない話を聞かないー働くオンナの処世術』、津村記久子との対談集『ダメをみがく――”女子”の呪いを解く方法』(紀伊國屋書店)など著書も多数。公式サイト http://www.tact-planning.com

古市憲寿(ふるいち・のりとし)・左
社会学者。慶應義塾大学卒業。東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻相関社会科学コース博士課程に在籍中。内閣官房「国・行政のあり方に関する懇談会」「クールジャパン推進会議」メンバーなどを務める。著書に『絶望の国の幸福な若者たち』(講談社)
関連キーワードから記事を探す
キャリア&スキル働き方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ