• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日経ヘルス Trends & News

不調やダイエットの悩み 低糖質の食事で女性を元気に

2018年12月20日

自身の不調がきっかけ「正しく糖質コントロールする食べ方を広めたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 日経ヘルスより、「体・食・美」にまつわる最新情報をお届けします。今回は、ローカーボ料理研究家の藤本なおよさんに話を伺いました。

ローカーボ料理研究家
藤本なおよさん

幼少期から続く様々な不調を低糖質(ローカーボ)の食事で克服し、2014年、ローカーボ料理研究家に。料理教室やセミナー、メディアを通してローカーボ料理の指導や啓蒙を行う一方、飲食店やメーカーとメニュー開発を行う。著書に『世界一おいしいダイエット~はじめよう! ローカーボ革命~』(repicbook)。


長くつらかった不調 ローカーボで克服

 幼少期から喘息(ぜんそく)、アトピー性皮膚炎に苦しみ、学校を休みがちだったという藤本なおよさん。会社勤めを始めてからは、だるさや貧血、眠気などが悪化。うつ症状も現れ、ついには約半年間、休職する。

 そこで、薬に頼らずできることは何かを考え、食生活を変えることに。様々な本を読み、試すなか、自分の体に合ったのが低糖質(ローカーボ)食だった。「会社員時代は、朝はパンだけ、昼は麺類、間食にスイーツという食生活。ご飯やパン、スイーツを半分に減らし、肉や魚、卵、豆などのたんぱく質を毎食とるようにしたところ、血糖値の乱高下がなくなったためか、メンタルが安定。布団でダラダラしなくなりました。また、35度台の体温が36度台後半になり、カゼを引きにくくなりました」。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康レシピ・食材ダイエット

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 2月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 2月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ