• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日経ヘルス Trends & News

低カロリーで高たんぱく「大豆ミート」でダイエット

2018年10月13日

これ1つで満足 食事代わりにもおすすめ「プロテインボール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 日経ヘルスより、「体・食・美」にまつわる最新情報をお届けします。今回は、働く女性にお薦めな最新フードをご紹介しましょう。

使いやすい大豆ミートが続々登場

 大豆を使った本物の肉にそっくりな「大豆ミート」が相次ぎ登場している。

 大豆食品は、ヘルシーなたんぱく源として、女性を中心に根強く支持されている。水で戻さなくても使えるなど、従来のものに比べて使いやすく、より食感が肉に近くなった大豆ミートは今後注目を集めそうだ。

 フジッコの「ひきわり蒸し大豆」は、そのままひき肉に混ぜて使えば肉のカサ増しになり、カロリーが抑えられる。マルコメの「大豆のお肉」は搾油した大豆を使っているため、脂質が控えめ。食物繊維も豊富だ。ベジタリアンブッチャーのFAKEMEATは解凍後、通常の肉と同じように調理できる。

上左:「ひきわり蒸し大豆」(フジッコ)

 ひき肉などに混ぜて使う大豆ミート。水戻しは不要。お薦めは同商品1に対し、ひき肉3の割合で混ぜること。ハンバーグの場合、肉だけに比べてカロリーを約25%下げられる。常温保存で賞味期間は90日。85g、140円(税別)。

下:「FAKE MEAT:ベジタリアンブッチャー チキンチャンク」(ベジタリアンブッチャージャパン)

 オランダで誕生した大豆ミート。塩や香料などで味つけしてある。冷凍保存で賞味期限は1年6カ月。ほかに、ハンバーガーパテなどもある。通信販売商品、120g、480円(税別)。

上右:「ダイズラボ 大豆のお肉」(マルコメ)

 湯戻しや水切りは不要。写真のミンチタイプ(左)とブロックタイプ(右)のほかに、フィレタイプもある。常温保存で賞味期限は8カ月。ミンチタイプ100g、ブロックタイプ90g、ともに238円(税別、編集部調べ)。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康レシピ・食材健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 11月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 11月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 10月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ