• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日経ヘルス Trends & News

恐怖心を越え不安を克服 世界初の「女医ボクサー」へ

2018年8月24日

試合で戦うのは正直、痛いし怖い。でも「患者さんの言葉が頑張る原動力」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 日経ヘルスより、「体・食・美」にまつわる最新情報をお届けします。今回は、趣味で始めたボクシングを極めプロテストに合格した、世界初の女医ボクサーをご紹介します。

婦人科医、プロボクサー
高橋 怜奈(たかはし れな)さん

1984年生まれ、東京都出身。東邦大学医療センター大橋病院婦人科勤務。ワタナベボクシングジム所属。2015年1月から趣味で始めたボクシングを極め、16年6月にボクシングのプロテストに合格。世界初の女医ボクサーとして、17年12月にデビュー戦を飾る。女医+(じょいぷらす)所属。


観客からの声援が苦しいときの励み

 「当直や学会のない日は、毎日トレーニング。遊ぶ時間はないけれど、医師としての仕事や勉強だけに明け暮れたときより、人としての幅や自分の世界が広がった気がします」。

 世界王者だった内山高志さんの試合に感動し、2015年にボクシングを始めた髙橋怜奈さん。練習を開始してわずか1年後、プロテストに合格。世界初の女医ボクサーとなった。

試合には職場の人も応援に駆けつける。「とてもプレッシャーを感じますが、苦しいときの声援が最後の一押しのパワーに。一勝してみんなと勝利の喜びを分かち合いたい」

 「試合で戦うのは正直、痛いし怖い。でも恐怖心を1つ越えるたびに弱さやコンプレックス、不安を克服し、成長した気持ちになります。最近では、がん患者さんから“先生がリングで戦っていることを知り、自分も頑張ろうと思った”“もう一度、趣味や旅行を楽しむ気持ちになった”と、言葉をいただくように。今はその言葉が、試合への原動力になっています」

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識働き方暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 11月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 11月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 10月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ