• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日経ヘルス Trends & News

「調理が面倒」を解決 サラダチキンに続く注目食材は

2018年7月14日

手軽に使えることが人気の秘密 チキンの次はフィッシュに注目 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 日経ヘルスより、「体・食・美」にまつわる最新のグッズ情報をお届けします。今回は、いま注目の最新フードをご紹介しましょう。

サラダチキンの次はサラダフィッシュ

 サラダチキンに続き、「サラダフィッシュ」が注目を集めている。

 魚は、良質なたんぱく質以外にも、血管や神経を若々しく保ったり、体脂肪を燃やすスイッチを入れてくれる脂肪酸、EPAとDHAを含む優れた食材。しかし、骨があり、調理が面倒という点から敬遠されがちだ。サラダフィッシュはこうした問題点を解決。骨を抜いて味付けをし、そのままサラダなどの具として使える手軽さで、缶詰と比べても格段に開封しやすい。

 松岡水産の「サラダサーモン」は調理済みのサケを真空パックに。カネギ東海フーズの「サラダフィッシュ」は、いぶしたマグロやカツオを、サラダに合う味付けにしてある。

左:「サラダサーモン」(松岡水産)

 骨をすべて取り除いたサケを真空パックにした。3種類のスパイスをまぶしてスモークした「スモークパストラミ」(上)や、ガーリックとオリーブオイルであえた「オリーブオイル」(中)、山桜でスモークした「スモーク」(下)がある。賞味期限は冷蔵で30日間、冷凍で365日。すべて1切れ、300円前後(税別、編集部調べ)。

右:「サラダフィッシュ」(カネギ東海フーズ)

 国内で水揚げされたカツオとマグロを、地域の伝統的なカツオ節製造法である「手てびやま火山式」でいぶしてうまみを凝縮させ、調味した。そのままサラダなどにトッピングできるカットタイプ。賞味期限は冷蔵で90日間。「燻しまぐろ」(上)90g、「燻しかつお」(下)80g。ともに300円(税別、編集部調べ)。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ