• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日経ヘルス Trends & News

花粉症の時期にぴったり 化粧崩れしにくいトレンド眼鏡

2017年3月4日

眼鏡がますます進化

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

日経ヘルスより、トレンドアイテムをご紹介。今回は取り上げるのは、意外な効果のあるこんな眼鏡です。

 動体視力を鍛える眼鏡が登場した。電源を入れるとレンズ部分が明るくなったり暗くなったりを繰り返し、視界がコマ送りのようになる。その状態でボールの動きを見ることで眼筋が鍛えられ、動体視力が強化できるという。すでに国内のプロ野球チームなどがトレーニングに導入している。集中力アップなどの効果も期待できる。

 今回ご紹介したい眼鏡はもう一つ。眼鏡をかけたときに、鼻に鼻パッドの跡がついたり、化粧が取れるのが気になる――。シャルマンが、眼鏡を使用している45歳以上の女性を対象に行った調査では、半数以上がそう回答した。そこで、鼻パッドをなくし、柄の部分で眼鏡を支えるフレームを発売。老眼鏡のフレームとしての使用を推奨している。

右:「ビジョナップ アスリート VA11-AF」

 レンズの点滅が遅いと動きがコマ送りに見え、その見えにくさから眼筋や脳の働きが向上する。点滅が速いと、止まっているかのように見え、予測能力やスキルの向上につながる。トレーニング用ボール付き。1回15分程度の使用が目安。4万2000円(税別)。問/プライマリ ーショップ

左:「Choco See(ちょこシー)」

 鼻パッドをなくし、樹脂パーツがバネのように側頭部で眼鏡を支える仕組み。軽くて弾力性のある素材のβチタンを使用。ブルー、ブラウン、オレンジ、ピンク、レッド、バイオレットの6色。写真はレッド。各1万8000円(税別)。問/シャルマン

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ