• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日経ヘルス Trends & News

1分でも長く寝たいけど――「週末こそ規則正しい生活」が求められる理由

2016年2月6日

「睡眠リズムの乱れ=時差ぼけ」が招く糖尿病&心臓病

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

世界中の医科学の最先端研究から、ダイエット、アンチエイジング、メンタルヘルスや美容法まで、耳寄りの最新情報をお届けします!

睡眠リズムの乱れが糖尿病や心臓病を招く、週末も規則正しい生活を

 休日は平日よりも遅くまで寝てしまいがちだが、睡眠リズムが乱れると、代謝異常が起こり、糖尿病や心臓病につながりやすいことが米国の研究で明らかになった。

 家庭の外で週25時間以上働く男女447人(30~54歳)に、活動量計を手首につけてもらい、7日間の生活リズムを調べた。結果、平均で起床時間は午前6時31分、就寝時間は午後11時41分、睡眠時間は6.8時間。対象者の85%は休日は平日よりも遅くまで寝て、15%の人は平日よりも早く起きていた。

 平日と休日の睡眠リズムが大きく違う人は、善玉コレステロール(HDLコレステロール)値が低く、中性脂肪値と空腹時血中インスリン値が高く、肥満傾向も強かった。この傾向は、年齢や性別、睡眠状態、飲酒、喫煙などで統計的に調整しても同じだった。

 研究者らによれば、睡眠リズムの乱れは「時差ぼけ」と同じ。休日もできるだけ平日と同じリズムの生活が良いようだ。

(J Clin Endocrinol Metab; 電子版Nov.18,2015)

文/八倉巻尚子、編集部 写真/PIXTA

日経ヘルス2016年2月号掲載記事を転載
この記事は雑誌記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ