• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

週末エクササイズ!

ダイエットが続かない原因は、努力不足ではなく「脳」

2018年1月7日

リバウンド、続かない、あなたがやせられないのは脳が原因でした

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 ダイエットが続かないのは努力が足りないからではありませんでした。“自分の脳のクセ”に合った方法を取り入れれば、冬太りしても無理なくやせられます! 2018年ダイエットのスタートは、まずは脳のクセから攻略しましょう。

 「ダイエットに失敗しないためにはまず、自分の現状と問題点を客観的に把握すること」とダイエットアドバイザーの本島彩帆里さんは言う。「コンビニに寄ったついでにお菓子を買うような無意識の行動を記録し、洗い出して」(本島さん)。こうした“太りグセ”に深く関わるのが“脳のクセ”だ。「普段からよく使う脳の領域により、考え方や行動パターンの傾向性が決まってくる」と都立駒込病院脳神経外科部長の篠浦伸禎さんは話す。

 “脳のクセ”は大きく4つのタイプがある。どのタイプも「ストレスを感じると、本能に関わる動物脳が反応して過食になる」と篠浦さん。ストレス源は異なっても、解消法が食事になりやすいというのは共通している。しかし、成功しやすいダイエットの方法は、“脳のクセ”のタイプによって異なる。まずは自分がどのタイプかチェックしてみよう。

 一方、部屋を片付けるとやせる人が多いと多くの専門家が指摘をする。右脳を主に使う「先送り」「三日坊主」のタイプは、ダイエット同様、片付けを先送りしたり、途中でやめてしまい物があふれていないだろうか。部屋をキレイにしたら「自分を客観的に見られるようになり、やせる人もいる」と空間心理カウンセラーの伊藤勇司さん。

 次週(1月14日公開予定)から脳タイプ別に成功しやすいダイエットポイントを紹介する。その前に、まずは自分がどのタイプかチェックしてみよう。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ダイエット健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ