• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

週末エクササイズ!

むくみや冷え解消に 朝と夜に30秒だけ○○をもんで

2018年12月20日

代謝がアップする、朝の手のひらもみと夜の足裏もみ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 二の腕が太い、脚がむくむ、手先、足先が冷える。それは、手足の「アーチ崩れ」による血流ダウンが原因かも。手足をもんでアーチが復活すると、血流が回復。ヨレて固まった筋膜も伸び、筋肉がよく動くようになる。「代謝スイッチ」を入れて、やせ体質に!

 脚がむくんだり、手足が冷えている。「そんな悩みを持つ人の多くは、手首や足のアーチが崩れている」と、理学療法士の清水賢二さんはいう。手首のアーチという言葉は、初めて聞く人も多いだろう。「手を休めたとき、手首にある骨は本来アーチ状になっている。パソコン作業やスマホ操作で手を酷使することで手のひらが扁平になって硬くなり、手首のアーチが崩れる」と清水さんは解説する。

 「アーチが崩れると、手首を通る血管や筋肉が圧迫され、血流障害や冷えが起こる。また、手首から肩や首、背中へと連なる筋膜が、手首のアーチ崩れを起点にたるんだりよじれたりすると、肩こりや二の腕、顔のたるみの原因に」と清水さん。手首のアーチを取り戻せば、血流が良くなり手先の冷えは解消。筋肉もよく動いて代謝がアップしやすくなる。

 足裏のアーチも、ハイヒールを履く習慣などで崩れやすい。足裏のアーチが崩れると、静脈を心臓に戻すふくらはぎの“ポンプ作用”が低下し、むくみやすくなる。もんで代謝スイッチを入れよう!

手足のアーチの崩れが代謝が上がりにくい原因でした

手と足のアーチが崩れる
↓↓↓
血管がつぶれて血流ダウン
↓↓↓
冷えて代謝が悪くなる
↓↓↓
だから
手足をもんで手と足のアーチを取り戻すのがカギ

Check!

手のひらをすぼめられる?
 親指と小指の腹をくっつけて、手のひらをすぼめてみよう。手のひらが丸まって、横幅が手首の幅に収まるのが理想。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ダイエット健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 2月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 2月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ