• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

週末エクササイズ!

体にヒモを巻くだけ 姿勢改善になる「ヒモトレ」とは

2018年12月6日

ヒモ1本で姿勢改善 肩こり腰痛知らずに

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 ヒモを体に巻くだけで体のバランスが整い、凝りや痛みを解消できるのが「ヒモトレ」。いまや、スポーツ界、医療・介護の場にも幅広く取り入れられている注目のメソッドをご紹介します。

 体にヒモを巻くだけで凝りが取れたり、動作が滑らかになるとして、いま注目を集めている「ヒモトレ」。まずはその作用を実感してみよう。用意するのは、長さ1.5m、太さ6mm程度の丸ヒモ。パーカーのフードのヒモや、巾着袋の口ヒモのようなものが理想だが、上のチェック法を試すだけなら、スカーフやストールでも代用できる。

 肩幅より少し広めの輪にしたヒモを手首にかけ、軽くテンションをかけた状態を保ちながら、腕をゆっくりと頭上へ持ち上げる。同じ動きをヒモがない状態でも行い、動きの軽さや可動域を比べてみよう。ヒモがある方がスムーズに気持ち良く動き、可動域も広がったのではないだろうか?

 「ヒモに適度な張りを持たせて保つことで、体を動かそうという意識と、動くことによって生じる体からの情報のやり取りがスムーズになります。それにより、腕や肩だけではなく、背中や下半身も連動性が良くなるので動きが滑らかになります」。ヒモトレを発案したバランストレーナーの小関勲さんはこう話す。

 小関さんによると「私たちの体の中には、日々の動きのくせで使われ過ぎの部位と、あまり使われていない部位がある」という。例えば肩や首、腰は負担が集中しやすく、凝りや痛みが起きやすい。一方、肩甲骨まわりやわき腹は怠けがち。その結果、むくみやたるみが生じ、姿勢も崩れる。ヒモトレは、このアンバランスを整えることで、凝りや痛みを解消しながら、姿勢やスタイルをシャキッと改善してくれるのだ。

 次週から、オフィスなどで使える「ヒモを巻くだけメソッド」と、自宅で行うヒモを使った体操の「ヒモエクササイズ」を紹介する。まずは試して、実感してみよう。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ダイエット健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ